読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でも日記

何でも日記:飄逸な味わいを持った人物

先日、エフケータックさんのブログ「意味をあたえる」においてこのブログ、というよりこの私にストレートに言及されていたので少々あせった。 fktack.hatenablog.jp

何でも日記:聖書アプリの「伝道の書」

聖書アプリの「伝道の書」を読んでみたところ、異様なほど分かりやすい翻訳文になっていて、ついつい読みふけって5分ほどで読み終えた。 伝道の書 1, リビングバイブル (JLB) | 章 1 | 聖書アプリ | Bible.com

何でも日記:「読書会」への憧れ その4

読書会をやりたしと思へども……、読書会はあまりに遠し。 などとセンチメンタルな気分に浸っていても仕方がない。現実に場所と時間と面子を決めて行う読書会は難しいにしても、はてなブログの有志でチョロッとやるくらいならできそうな気がしてきた。

何でも日記:「読書会」への憧れ その3

読書会は現実に開催するとなると、なかなか難しそうに思う。 というのは、読書会ではないが数々の「ナニナニ会」のたぐいに参加したり、主催したりといった経験から判断しての話である。

何でも日記:「読書会」への憧れ その2

前回は「読書会をやろうとすると、課題図書の選定が難しい」といった辺りで話が終わってしまった。

何でも日記:「読書会」への憧れ その1

前々から「読書会」に参加したり開催したりすることに憧れを持っているのだが、なかなか上手くいかない。 その「上手くいかなさ」について、これまでの経緯や考えの移り変わりをメモしておきたい。

何でも日記:「その意見。僕はアグリーです」と言われたらどうしよう

最近、ツイッターで「その意見。僕はアグリーです」と言われて驚いた(というか困った、呆れたというニュアンス)という報告が話題になっていた。 商談で先方の元広告マンのオッサンが突然艶のある低い声で「その意見。僕はアグリーです」と発言して(エッな…

何でも日記:ヒントくんは何に似ているか問題

ヒントくんは何かに似ているような気がする。 では一体、何であろうか。

何でも日記:家庭菜園の序盤戦

春や秋といえば、家庭菜園愛好家にとっては種まきの季節なので浮き浮きする。 しかし、今年は野球でいうと「開幕戦から絶不調」とは言わないまでも勝ち負けがトントンくらいの滑り出しとなった。

何でも日記:「赤穂浪士」対 三田村鳶魚

大仏次郎の「赤穂浪士」を読み終えた。上下巻で1100ページくらいあるので、1日100ページ読むとしても11日かかる計算である。その割にはすぐ読めたと言うべきか。新聞に連載された小説なので、1回1回が面白くて飽きない。

何でも日記:600記事になった

今回は何と、ぴったり600記事目である。他にもあれこれと並行してブログを書いているので、どれが何回目などと気にしている暇がない。このブログは、たまたま自分が気づいたので祝っているだけのことである。

何でも日記:「黒みつ」はスーパーの売り場のどこにあるか

「黒みつ」はスーパーの売り場のどこにあるか。 これは簡単そうで難しい問題なのであった。

何でも日記:お知らせコーナー

当分の間、このブログは不定期更新となります。

何でも日記:「東町」の読み方

先日、お客様の住所の中に「東町」という文字が出てきて、これを何と読むべきか、「あずまちょう」なのか「ひがしまち」なのか「あずままち」なのか「ひがしちょう」なのか、悩みに悩んで一時間近くも迷った。

何でも日記:人生とゲームと双子

おちょいさんのブログは個性的で、営業に関する考えがちょいちょい書いてあって為になるので愛読している。 そのブログが珍しく炎上気味になっていた。

何でも日記:意識がかなり低い系の人々のためのお手軽運動講座

このところ「意識高い系」を揶揄するブログを多く見かける。 自称でも他称でも「意識が高い人」は、大勢から貶されようが嫌われようが、その人の決めた目標に向かって邁進する筈なのだから、放っておけばいい。 問題は意識の低い人々の方で、意識や意欲、能…

何でも日記:モンドセレクションの謎

スーパーに行くと「酒のつまみ」コーナーにあるおつまみに「モンドセレクション金賞!」と書いてあった。

何でも日記:NGワードつき会議

「ナカイの窓」という番組内の企画に「 NGワードの窓」というゲームがある。 あのシステムはよく出来ていて、シンプルで分かりやすくて面白い。ゲームとしてだけではなく、少人数の会議でも利用できるのではないだろうか。

何でも日記:宣伝効果満点の状況とは

成り行きで今度、本業(保険の仕事)関係の方でもブログを作ることにした。 このブログや目(id:ankoro)とは紐づけしない予定なので、知りたいという人は自力で探すか、私に連絡を下さい。

何でも日記:ブログチャレンジの「ブログタイトルを変更する」

ブログチャレンジ(中級)の課題で「ブログタイトルを変更する」という課題があって、これはかなり悩んだ。 staff.hatenablog.com 自分が幾つか並行して書いているブログは、どれもタイトルを変えにくいし、「これ以外にない」と思えるほどピッタリしている…

何でも日記:やたらと文頭に「そう、」を付けたがる人々

やたらと文頭に「そう、」を付けるという妙な感じの癖というか技というか、一種の気取り方というものがあって、あちこちのブロガーやフリーライターやコピーライターの文章で目にする。 そして、付けている本人はおそらく「格好いい」「良い感じ」とでも思っ…

何でも日記:「ジョーズ」の冒頭にふさわしい音楽

「サウンド・オブ・ミュージック」の冒頭の映像(山の上の登場人物たちにカメラが近づいていく)に「ジョーズ」のテーマ音楽を重ねたものがあると、どこかで読んだ気がするので時々探している。 しかし、探しているうちに別のものを見つけてしまった。 これは…

何でも日記:「友達が少なそう」に対する返答例

問われてもいないのに自嘲気味に「自分は友達が少ない」と言う人はよくいる。 しかし、他人から「友達が少なそうな感じィ~」とからかい半分に言われた時の返答は難しい。

何でも日記:初恋の人からの手紙

ankoro、元気にしてる? 今でもバタフライナイフを見せびらかしていますか?自慢のナイフを先生に取り上げられていたankoroをなつかしく思います。 泣きじゃくる私にankoroが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日…

何でも日記:ルー語

ルー大柴がブログを書いていると知り早速読んでみると、テレビで見るルーの喋りより遥かに英語日本語混じりな文体で、いくら読んでも飽きない。 「レッドフェイス!つまり赤面してしまった。」 「ファンデーションつまり土台」 などと部分的に訳してくれたり…

何でも日記:何でもマンボ

「マンボ・カフェ」というマンボの名曲アンソロジーが大大大好きで、買ってから10年ほど経つが、まだ飽きずに聴いている。

何でも日記:「マイお題」を作ってみた

オリジナルの「お題」を作って、ブログをもっと楽しく! 他のユーザーが参加できるブログの「お題」を自由に出題できます。【ヘルプ「マイお題」を参照】 「作成したお題」のタイトルをクリックすると、そのお題のページに移動します。お題のページで「この…

何でも日記:日本語の誤用で打線を組んでみた

いつも「何でもベスト10」ばかり書いているので、たまには「打線」を組んでみたくなってきた。 という訳で、今回は日本語の誤用打線を紹介してみよう。

何でも日記:目さんのほしい物リスト

アマゾンの「ほしい物リスト」を作ってみたので、何かの機会に私へプレゼントしてみたいという人、暇をつぶしたい人、お金を使いたい人、私がどんな本に興味を持っているかを知りたい人はご覧ください。

何でも日記:食欲と筆記用具

自分はどういう訳か、筆記用具が目の前にあると食欲がわかない。特に鉛筆とボールペン。

何でも日記:夢日記

ブログチャレンジ(中級)で、「夢日記を投稿する」という課題があった。

何でも日記:君たちは「ブログチャレンジ」を忘れていないか?

君たちは「ブログチャレンジ」という企画のことを、すっかり忘れていないか? 私は一ヶ月ぶりくらいで思い出した。

何でも日記:相場格言あれこれ

日本の相場格言は風情があっていい。外国の格言も面白いし、たまに読むと唸るほど真実を射抜いている。同じようなことを言っている人が東西にいたりもする。

何でも日記:最近買った本と借りた本

臨時収入があったので、調子に乗って本をあれこれ買ってしまった。 ついでに、図書館で借りている本も一緒にして25冊ほど紹介してみよう。

何でも日記:「カクヨム」のプロフィール欄をどう書くべきか

KADOKAWAとはてなが運営する新・小説投稿サイト「カクヨム」が2月末にオープンするというので、自分も登録してみた。 「誰でも自由なスタイルで物語を書くことができる、新しいWeb小説の投稿ツール」 と書いてあったので、このブログでたまに書いている創作…

何でも日記:究極の売れ筋の本はこれだ(ただし、このブログ経由で)!

時々、 このブログで紹介した本がamazonで売れることがある。 「一冊売れた」というだけで、私にとっては大事件である(ドキドキ)。 「二冊売れた」となると、自分内ギネスブックに掲載確定というレベルの椿事である(ハラハラ)。 「三冊売れた」ともなれ…

何でも日記:「〇〇〇はあなたのフォローを開始しました」のコメント

昨年の12月から、Tumblrで誰かからフォローされるたびにメールで通知が来るようになった。 そのメールに必ずコメントが付いていて「Cool!」とか「Hooray!」は良いのだが、意味もわからず、どこの国の言葉なのかすらわからないコメントも結構ある。

何でも日記:ブログへの反応 その2

その2では、ブックマークされた時のコメントや、その後の動きなどで印象深いものを挙げてみたい。

何でも日記:ブログへの反応 その1

大抵のブログには反応がほとんどない。幸いなことに私の書いている幾つかのブログは、コメント欄で罵り合いの大喧嘩になりましたとか、毎日必ず嫌味なことを書かれてしまいますといったトラブルは無いものの、褒められるとかバズるといったことも少ない。

何でも日記:冬は無伴奏チェロ組曲

2,3日前の午前中にFMを聴いていたら「無伴奏チェロ組曲」が流れてきて、そう言えば四方田犬彦の文章で「冬に無伴奏チェロ組曲はピッタリ」と書いていたものがあったっけな、違ったっけな、とぼんやり考えた(確か「心ときめかす」の最後の方の文章だっ…

何でも日記:時事ネタ書けない相談室

♪ダイヤルダイヤルダイヤルダイヤル、 (色々事情があるので中略) ♪時~事ネ~タ~、書けない相談室!

何でも日記:時事ネタ書けないマン

先日は「朝食マン」というヒーローについて、ほぼ無意味な考察を繰り広げてみた。 今回はさらにもう一人、新しいアンチ・ヒーローの登場だ!

何でも日記:驚愕!この手のタイトル

ひと口にタイトルと言っても短いものや長いもの、その他にも色々なスタイルがある。 中でも微妙に愛着を感じるのは、 「二字熟語」+プラス「!」(または「!!」) が最初に来る形のタイトルである。 細かく説明するより、例を挙げてみた方が早いだろう。

何でも日記:名詞(または、それっぽい単語)+マン

以前、映画館で「アントマン」の予告編を見て、自分も 「名詞(または、それっぽい単語)+マン」 でヒーローを考えてみようと思い立った。

何でも日記:迷い人のお知らせ

我が家の周辺では、週に2,3回ほど「迷い人のお知らせ」が大きな音で流れてきてうるさい。 しかし、うるさいからやめろとも言い難い内容なので黙って聞いている。

何でも日記:謹賀新年

読者の皆さん、 (パカッ)