読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイッターで最近「いいね」した話題のベスト10  (2016年12月)

先月はベスト20でも足りないように思えたが、今月はまたベスト10に戻ることができた。

何でも日記:バッテリー、洗剤、目覚まし時計

落語家の三題噺で客席からもらったお題のようなタイトルだが、いずれもたまたま最近、切れてしまったものである。 忙しくて、切羽詰っていてどうしようもない、といった日にはこういうものが切れたりはしない。しかし何故だかポカンと空いた日を見計らったか…

観た映画:「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

熱狂的なSWファンではないのだが、何だかんだ言っても全作に目を通してはいる。 hint.hateblo.jp それでたまたま今日は空いていたので、初日に観に行ってきた。 Star Wars - The Ultimate Soundtrack Collection アーティスト: John Williams 出版社/メーカ…

観た映画:「キャロル」

「キャロル」を観ていたら突然、テディ・ウィルソンという昔のジャズピアニストが出てきたので驚いた。

何でも日記:「愛蘭土紀行」の中の小咄

最近、あまり書くことがないので過去の日記を読み返して、少し手直しして載せたりしている。 今回は2004年ごろの日記から、司馬遼太郎の「愛蘭土紀行」の中の小咄について。

観た映画:「ソナチネ」

久々に「ソナチネ」を観直して、これは「用心棒」の変奏ではないかと思った。

「鬼平犯科帳」と私

「鬼平犯科帳」を最初に読んだのは高校の頃で、当時から世評が高かったので期待して読んでみたものの「何の捻りもない、似たような話が多い」「ただ鬼平が強いだけ」としか思えなかった。

ツイッターで最近「いいね」した話題のベスト20  (2016年11月)

月末恒例の「ツイッターで最近~」である。 最近はほぼゲーム製作関係の人しかフォローしないようになっているので、話題もそちら方面が多い。 ベスト10に絞れないので、今月はベスト20とした。 また先月に引き続き「位」は省略する。

何でも日記:魅力を感じるタイトル

hint.hateblo.jp 以前、タイトルに関するベスト10を書いたが、どうしても付け加えなければならない強烈な、反則に近い例が一つ見つかったのでメモしておこう。

濁点・半濁点なし日記:奇妙な感覚

2004年というと12年も前のことて、干支てはひと周り違う。 今回は、そういえはこういうことかあったなあ、と思い出せる範囲のエヒソートてある。

濁点・半濁点なし日記:2004年の読書日記 その2

前回の続きて、2004年に読んた本のメモから。 今回は「てすます調」て書いているもの。特に付け足すことは無し。

濁点・半濁点なし日記:2004年の読書日記 その1

2004年頃の読書日記か出てきたのて、今回はこれをこ紹介してみよう。

濁点・半濁点なし日記:贈り物はいいものを少したけ

2006年の年末に書いた日記を読み直してみた。

濁点・半濁点なし日記:「あなたには人生なんてないのよ」

この「濁点・半濁点なし日記」は、過去に書いた日記の採録にするとよく読まれているようなのて、もう少し続けてみたい。

濁点・半濁点なし日記:「テーウ」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」 5年先のことなと、まるて分からない。それなら5年前の方はとうたろうかと思い、調へてみた。

濁点・半濁点なし日記:よく味はふ者の血とならん

実篤のフックカハーは、確か高野文子の漫画て見たのか最初てあったかと思う。その後それか実在することを知った。 武者組/勉強勉強勉強/実篤のブックカバーを求めて

濁点・半濁点なし日記:「シェーンを好きにならないて」

たまたま2年ほと前の日記か出てきたのて読んてみると、「シェーン」の感想か書いてあった。

濁点・半濁点なし日記:「スミス都へ行く」

フランク・キャフラの「スミス都へ行く」は何度観ても面白い映画たか、実際に会った人のうちて、この映画を観たことのある人はセロてある。

濁点・半濁点なし日記:雨

以前書いていた「濁点・半濁点なし日記」からの抜粋。 ↓

「Sh-Boom」のカヴァー ベスト10

ドゥーワップのアンソロジーなら大抵どれにも入っている、The Chords の「Sh-Boom」という歴史的名曲がある。

何でも日記:手帳あれこれ

毎年、バーティカル型の手帳を使っているのだが、選択肢が少なくてつまらない。

観た映画: 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

何だかんだと文句を言いながらも「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」のシリーズは映画館かDVDかでほとんど見ている。 しかし最近はヒーローが多くなりすぎで、アントマンにスパイダーマンに豹マン、片手でかめはめ波を出すガール…

何でも日記:ワーワーミュート覚え書き

トランペットに「ワーワーミュート」とか「ワウワウミュート」と呼ばれる器具をつけた音、文字通り「わわ~」と聞こえる音が好きなのだが、ほとんど同好の士にお目にかかったことがない。

何でも日記:梅酢ファンクラブ

昔から酸っぱいものが好きで、それは例えばロッテの「クイッククエンチ」や「かむかむレモン」などである。最近では柑橘系のフレーバーが入ったビールなどは好んで買う。

ツイッターで最近「いいね」した話題のベスト30  (2016年10月)

毎月恒例のベスト10だが、今月はベスト10に絞れなかったので、ベスト30としてみた。 「位」と書くのが面倒なので省略して、ついでにコメントも省略した。 注釈が必要そうだと思われるのは第4位だけで、これはヘッセの「少年の日の思い出」という、国語の教…

はてなブロガーに5つの質問

暇なので、はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」に応じてみたい。

何でも日記:朝日新聞から「住所を教えて」という電話

朝日新聞から急に電話がかかってきて、 「何月何日から何とかキャンペーンのため無料で朝刊を配布いたします」 という。

何でも日記:手帳と大学と愛の終わり

もう10月も下旬である。 しかし、まだ来年の手帳をどうするべきかで悩んでいる。

観た映画:「凶悪」

「凶悪」は、凶悪な事件の真相を追う記者の方に、いつの間にか「悪」そのものが乗り移ってしまったかのような、割とよくあるといえばよくある、まるで「リング」のごとくリレーされてしまったような図を描く話だった。

好きなジャケット百選:「モー・グリーンズ・プリーズ」フレディ・ローチ

オルガンの音色には他の楽器にはない、独特の快感がある。 脳みその表面をローラーで撫でられているような気持ち良さで、しかも耳自体も気持ち良くて、さらにいつの間にか胸の奥の、情の部分にまで忍び込まれて揺さぶられような感覚がある。

観た映画:「隠し砦の三悪人」

この映画は20年くらい前に映画館で観たのが最初で、当時はとにかく何を喋っているのか聞き取りにくいので面食らった。

何でも日記:シとヒの区別がつかない人が言いそうなこと

ええ、江戸っ子はよく、 「シとヒの区別がつかない」 なんて言いますな。 急に変な風に逆にされて言われても困りますもんで、ひとつ今から慣れておこうじゃありませんか。 左側の文字を読んで、すぐ右側の読み方が口から出てこなきゃ駄目ですよ。

もっとお買い物しませんか?

それどこ大賞「買い物」 「買い物」というお題を出されてもあまりピンと来ないので、アマゾンの商品検索で「買い物」を調べてみた。 すると、

観た映画:「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」

「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」はPerfumeのワールドツアーの舞台裏を記録した映画で、これとは別に表側のステージを中心にしたDVD・ブルーレイは出ているので、ほぼ完全に裏側の話だけである。

雑誌卍固め:「BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物」

「BRUTUS」での珍奇植物特集を合本にしたものが出ていて、 「これをどこの誰が買うんだよ」 と内心では思ったものの、手が勝手に動いて購入して、目が勝手に動いて読了してしまいました。

ツイッターで最近「いいね」した話題のベスト10  (2016年9月)

今月も流れゆくツイートの激流の中から、どうでもいいような、よくないような、その中間のような、何とも言いようのない話題をご紹介してみよう。

観たドラマ:「戦争と平和」第1回

日曜日は夜になってから、朝刊の読み残しをチビチビ読むのが習慣になっている。今週の日曜日も夜、朝刊を読んでいると急にテレビから「このあとすぐ!戦争と平和です」などと大げさな声がするので見ていると本当にトルストイの「戦争と平和」をドラマ化した…

何でも日記:ブログの上手な終らせ方

そこそこ続いていたブログがお終いになるパターンとしては、「何となく更新頻度が減る→いつの間にか消えていた」が圧倒的に多い。

何でも日記:2017年の手帳候補「デルフォニックス A6 ダニエル」

つい先日まで真夏だと思っていたら、もう手帳が売り出される季節になっていた。 書店で手帳を見ていると、またいつもと似たようなものを買いそうになってつまらない。

プレゼントしたい本

今週のお題「プレゼントしたい本」 自分が誰かに「本をプレゼントする」という行為に及ぶ可能性は「ゼロです!」と思い込んでいたのだが、最近はそうでもなくなってきた。

何でも日記:はてなから1年前の記事を紹介するメールが来た

差出人「はてなブログ」という名前のメールが来ていたので、何かと思って見てみたら「1年前(と2年前)の記事を振り返る」などと書いてあって、リストには当「何かのヒント」の記事がいくつかあった。

何でも日記:八つ当たり的な記事

このブログはいつの間にか700回を過ぎて、過ぎたからといって何がどうなるという訳でもなく、更新ペースはますます不定期になってきて、書く方も読む方もその方が気楽でよろしい。

好きなジャケット百選:「グーテフォルクと流星群」

夏のうんと暑い時期には、何を聴くべきか? 「暑い地域の熱い音楽!」 というのが私の経験から導き出した結論で、マンボ、ラテン・ジャズ、サルサ、レゲエなど、いかにもといった曲を聴いた方が心身によいという確信がある。

ツイッターで最近「いいね」した話題のベスト10  (2016年8月)

今年の8月はあれやこれやで色々とあった。 しかし、過去のことはこのベスト10の発表を最後に、きれいさっぱり忘れて9月へと歩を進めようではないか。 という訳で第十位! アメリカには『ヘミングウェイそっくりさんコンテスト』があるらしい。日本でも『太…

何でも日記:「熱さまシート」のツブツブを潰すとどうなるか

子供の頃、鳥山明が何かの折に「趣味:ニキビつぶし」と書いていたのを読んで衝撃を受けた。そのような行いを趣味として扱うセンスの良さと無意味さに、開いた口が塞がらなかったと言うべきか。

何でも日記:どこかで見たことのある人

どこかで見たことのある顔だと思ってよくよく見てみたら、

チラシの裏の豆知識:「シン・ゴジラ」を4DXで観ると、竹野内豊が……!石原さとみが……!

夏で、お盆で、何もする気が起きないが、たまたま知人が教えてくれた情報によれば、「シン・ゴジラ」を4DXで観ると、竹野内豊が……、

何でも日記:ちょいとソング集

以前、桑田圭祐関係の曲の中で歌詞に「ちょいと」が出てくるものだけを集めたアンソロジーを作ってみたことがあった。

映画の夏

今週のお題「映画の夏」 春はあけぼの。

何でも日記:スイカ嫌いの弁

夏といえば、スイカ! スイカはみんなが大好きだよー! スイカを見ただけで、みんなが大喜びだよ~! ……という前提はどうにかならないものか。