読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でも日記:手帳あれこれ

毎年、バーティカル型の手帳を使っているのだが、選択肢が少なくてつまらない。

観た映画: 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

何だかんだと文句を言いながらも「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」のシリーズは映画館かDVDかでほとんど見ている。 しかし最近はヒーローが多くなりすぎで、アントマンにスパイダーマンに豹マン、片手でかめはめ波を出すガール…

何でも日記:ワーワーミュート覚え書き

トランペットに「ワーワーミュート」とか「ワウワウミュート」と呼ばれる器具をつけた音、文字通り「わわ~」と聞こえる音が好きなのだが、ほとんど同好の士にお目にかかったことがない。

何でも日記:梅酢ファンクラブ

昔から酸っぱいものが好きで、それは例えばロッテの「クイッククエンチ」や「かむかむレモン」などである。最近では柑橘系のフレーバーが入ったビールなどは好んで買う。

ツイッターで最近「いいね」した話題のベスト30  (2016年10月)

毎月恒例のベスト10だが、今月はベスト10に絞れなかったので、ベスト30としてみた。 「位」と書くのが面倒なので省略して、ついでにコメントも省略した。 注釈が必要そうだと思われるのは第4位だけで、これはヘッセの「少年の日の思い出」という、国語の教…

はてなブロガーに5つの質問

暇なので、はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」に応じてみたい。

何でも日記:朝日新聞から「住所を教えて」という電話

朝日新聞から急に電話がかかってきて、 「何月何日から何とかキャンペーンのため無料で朝刊を配布いたします」 という。

何でも日記:手帳と大学と愛の終わり

もう10月も下旬である。 しかし、まだ来年の手帳をどうするべきかで悩んでいる。

観た映画:「凶悪」

「凶悪」は、凶悪な事件の真相を追う記者の方に、いつの間にか「悪」そのものが乗り移ってしまったかのような、割とよくあるといえばよくある、まるで「リング」のごとくリレーされてしまったような図を描く話だった。

好きなジャケット百選:「モー・グリーンズ・プリーズ」フレディ・ローチ

オルガンの音色には他の楽器にはない、独特の快感がある。 脳みその表面をローラーで撫でられているような気持ち良さで、しかも耳自体も気持ち良くて、さらにいつの間にか胸の奥の、情の部分にまで忍び込まれて揺さぶられような感覚がある。

観た映画:「隠し砦の三悪人」

この映画は20年くらい前に映画館で観たのが最初で、当時はとにかく何を喋っているのか聞き取りにくいので面食らった。

何でも日記:シとヒの区別がつかない人が言いそうなこと

ええ、江戸っ子はよく、 「シとヒの区別がつかない」 なんて言いますな。 急に変な風に逆にされて言われても困りますもんで、ひとつ今から慣れておこうじゃありませんか。 左側の文字を読んで、すぐ右側の読み方が口から出てこなきゃ駄目ですよ。

もっとお買い物しませんか?

それどこ大賞「買い物」 「買い物」というお題を出されてもあまりピンと来ないので、アマゾンの商品検索で「買い物」を調べてみた。 すると、

観た映画:「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」

「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」はPerfumeのワールドツアーの舞台裏を記録した映画で、これとは別に表側のステージを中心にしたDVD・ブルーレイは出ているので、ほぼ完全に裏側の話だけである。

雑誌卍固め:「BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物」

「BRUTUS」での珍奇植物特集を合本にしたものが出ていて、 「これをどこの誰が買うんだよ」 と内心では思ったものの、手が勝手に動いて購入して、目が勝手に動いて読了してしまいました。

ツイッターで最近「いいね」した話題のベスト10  (2016年9月)

今月も流れゆくツイートの激流の中から、どうでもいいような、よくないような、その中間のような、何とも言いようのない話題をご紹介してみよう。

観たドラマ:「戦争と平和」第1回

日曜日は夜になってから、朝刊の読み残しをチビチビ読むのが習慣になっている。今週の日曜日も夜、朝刊を読んでいると急にテレビから「このあとすぐ!戦争と平和です」などと大げさな声がするので見ていると本当にトルストイの「戦争と平和」をドラマ化した…

何でも日記:ブログの上手な終らせ方

そこそこ続いていたブログがお終いになるパターンとしては、「何となく更新頻度が減る→いつの間にか消えていた」が圧倒的に多い。

何でも日記:2017年の手帳候補「デルフォニックス A6 ダニエル」

つい先日まで真夏だと思っていたら、もう手帳が売り出される季節になっていた。 書店で手帳を見ていると、またいつもと似たようなものを買いそうになってつまらない。

プレゼントしたい本

今週のお題「プレゼントしたい本」 自分が誰かに「本をプレゼントする」という行為に及ぶ可能性は「ゼロです!」と思い込んでいたのだが、最近はそうでもなくなってきた。

何でも日記:はてなから1年前の記事を紹介するメールが来た

差出人「はてなブログ」という名前のメールが来ていたので、何かと思って見てみたら「1年前(と2年前)の記事を振り返る」などと書いてあって、リストには当「何かのヒント」の記事がいくつかあった。

何でも日記:八つ当たり的な記事

このブログはいつの間にか700回を過ぎて、過ぎたからといって何がどうなるという訳でもなく、更新ペースはますます不定期になってきて、書く方も読む方もその方が気楽でよろしい。

好きなジャケット百選:「グーテフォルクと流星群」

夏のうんと暑い時期には、何を聴くべきか? 「暑い地域の熱い音楽!」 というのが私の経験から導き出した結論で、マンボ、ラテン・ジャズ、サルサ、レゲエなど、いかにもといった曲を聴いた方が心身によいという確信がある。

ツイッターで最近「いいね」した話題のベスト10  (2016年8月)

今年の8月はあれやこれやで色々とあった。 しかし、過去のことはこのベスト10の発表を最後に、きれいさっぱり忘れて9月へと歩を進めようではないか。 という訳で第十位! アメリカには『ヘミングウェイそっくりさんコンテスト』があるらしい。日本でも『太…

何でも日記:「熱さまシート」のツブツブを潰すとどうなるか

子供の頃、鳥山明が何かの折に「趣味:ニキビつぶし」と書いていたのを読んで衝撃を受けた。そのような行いを趣味として扱うセンスの良さと無意味さに、開いた口が塞がらなかったと言うべきか。

何でも日記:どこかで見たことのある人

どこかで見たことのある顔だと思ってよくよく見てみたら、

チラシの裏の豆知識:「シン・ゴジラ」を4DXで観ると、竹野内豊が……!石原さとみが……!

夏で、お盆で、何もする気が起きないが、たまたま知人が教えてくれた情報によれば、「シン・ゴジラ」を4DXで観ると、竹野内豊が……、

何でも日記:ちょいとソング集

以前、桑田圭祐関係の曲の中で歌詞に「ちょいと」が出てくるものだけを集めたアンソロジーを作ってみたことがあった。

映画の夏

今週のお題「映画の夏」 春はあけぼの。

何でも日記:スイカ嫌いの弁

夏といえば、スイカ! スイカはみんなが大好きだよー! スイカを見ただけで、みんなが大喜びだよ~! ……という前提はどうにかならないものか。

観た映画:「シン・ゴジラ」

「どうせ期待ハズレっぽいから、観に行く必要ないか~」 と、漠然とした失望感を勝手に持っていた私だが、土曜日に絶賛の評が多かったので観に行ってみた。 ネタバレにならない程度に感想を書くと、中盤まではかなり盛り上がって、終盤は少し丁寧すぎるとい…

ツイッターで最近「いいね」した話題のベスト10  (2016年7月)

毎月恒例のベスト10である。 特にコメントはないまま、

何でも日記:Windows 10 から7に戻した人

いったん「10」にして「7」に戻した人~! 「はーい!」 と元気よく答える人が、世界に数十億人くらいはいそうである。 今日一日だけで、数億人はいるのではないか。

何でも日記:貯まったポイントの使い道

Tポイント、楽天ポイント、アマゾンポイントなど、いつの間にか数千円分が貯まっている。 これをそのまま貯める気にもなれず、何となく使いたい気分になっているし、かと言って何かに使うあてもないという時に、一番よいのは防災グッズに使うことではないか…

何でも日記:「ポケモンGO」ができなくても「すず探」がある

1.「ポケモンGO」ができない(でも、気になる) 2.そもそもスマホを持っていない(ガラケー愛用者) 3.スマホを買う予定がない この三つに当てはまる人のためのゲームを発見した。 それは……。

何でも日記:「SWOT」の読み方あれこれ

色白おばけさんのブログで「SWOT分析」というフレームワークを知った。 www.fair-skinned-monster.com

保険ちゃん:保険ちゃんと愉快な仲間たち

ポップなテイストの親しみやすい四コマ漫画「保険ちゃん」だ!

何でも日記:言及されていることもある

時々、このブログや私は誰かのブログで言及されていることもあるので、お礼がわりに紹介しておきたい。

チラシの裏の豆知識:「脈略」を誤記のまま突っ走っている例

「脈略のない話」といった使い方を目にするが、誤記である。

夢と挫折

「夢」というほど大げさなものではないが、自分が一貫してブログで書きたいと願っているのは「意味のない」「馬鹿馬鹿しい」要素を多分に含んだ記事である。

何でも日記:自作すごろく用のブログを作った

自作のすごろくゲームのことばかり考えていて、とうとうその話題のみのブログ「すごろくメモ」を作ってしまった。 ちなみにタイトルは「暮らしの手帖」の「エプロンメモ」へのオマージュである。

何でも日記:女優の引退について

女優の皆さーん! 元気ですかー! hint.hateblo.jp

何でも日記:このブログの女優の皆さん

回転寿司の店に入ったら、店員のことを「劇団員」と称しており、恥ずかしいやら意味が分からないやらで、もうビックリであった。

何でも日記:すごろくのタイトル

すごろく開発に熱中していると、毎日が楽しい。 内容はまだ少し改良の余地があるものの、ほぼ完成の域に達している。 しかし「すごろく全体のタイトルをどうするか?」というのが意外と大きな問題である。

何でも日記:ユーミンすごろく

すごろくについて、あれこれ考えている。 昨日は「ユーミンすごろく」を思いついた。 例えば、あるマスに止まるとこのように書いてある。

四コマ漫画:保険ちゃん

このところ、「保険」という要素を駆使したゲームのことを考えている。 といっても基本的には双六で、大した内容ではないのだが、例えばプレイヤーに指示をするカードの内容を書いたり、ゲーム内の金銭のやり取りが面倒なので「すすむ」「もどる」に置き換え…

映画館で観た映画 ベスト10

これまでに映画館で観た映画と、ビデオ、DVD、テレビで観た映画の比率はそれぞれどの程度の割合なのか、正確にはわからない。 それ以外にも昔は喫茶店で勝手に(?)映画を上映していたり、何とか文化会館で文部省推薦の教育映画を先生の引率で観たりするこ…

何でも日記:読書列車

ただ「電車に乗って読書をする」という目的のためだけに走らせる「読書列車」があればヒットするだろうと昔から考えていた。 夏は涼しい高原や海沿いを走る読書列車。 冬は暖房を効かせて、ついでに熱燗で酒を飲んだりもできる読書列車。 料金が安くて、ぐる…

何でも日記:ホラー映画のキャラクター?

「ホラー映画のキャラクターでこういう人がいたっけ?」

わたしの本棚

今週のお題「わたしの本棚」 小説にエッセイ、写真集、マンガ、雑誌……。あなたの本棚には、どんな本がありますか? 今週のお題は 「わたしの本棚」 です。 本棚にある好きな本の紹介をはじめ、並べ方のこだわり、収納の工夫など、自由に投稿ください。「アン…