ヴィブラフォンのアンソロジー「Good Vibes, Jazz Vibraphone」

タワーレコードからヴィブラフォンのアンソロジーが出ていたので、早速買って聴いてみた。聴いても聴いてもヴィブラフォンだらけで三枚組(45曲)なので、これだけあると自動車で聴く音楽はこれだけでずっと飽きない。

「疑惑」

「疑惑」は1982年の映画なので、自分が中学生くらいの頃かと思うと、当時の日本の様子の何もかもが懐かしい。

このブログは本日で3周年

このブログは本日で3周年となる。

「はてなハイクにシェアするボタン」が削除

最近のはてなブログは少しも「いいこと」がなく、悪いニュースばかりが目立っているようだ。

続・ワーワーミュート覚え書き

以前「ワーワーミュート覚え書き」という記事を書いた。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

この映画は映画館で観た。しかし、細かい部分を忘れていたのでDVDで観直してみると……。

「男はつらいよ 寅次郎と殿様」

先日ひどい映画を観てしまったので、心の汚れをぬぐい取るような狙いで「男はつらいよ 寅次郎と殿様」を観た。

「CIAOちゅ~る」のCMソング

「CIAOちゅ~る」のCMソングを聴くと「二人でお茶を」みたいだなといつも思う。

「鑑賞メーター」→「Filmarks(フィルマークス)」

「鑑賞メーター」は改善されないようなので、似たようなサービスを探してみた。

旅の初心者

「旅に出ろ!」と命令されている訳ではないが、人から勧められている。

汗を見せたがる人々←やめてほしい

来週にかけて関東では雨が多くなるので涼しくなるらしい。 そこで、今のうちに言っておきたい!

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」12

とうとう最後まで見終えた!

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」11

いよいよ11話まで来たー!

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」10

ナセリが出てきた時に「中ボス」と書きそうになったのだが、一応そのまた上はいないような気がしてそう書くのは避けておいた。しかし……。

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」09

皆さん、レガシってますか?

「鑑賞メーター」最後の日?

先日とうとう、「はてなカウンター」は最後の日を迎えて、安らかに眠ってしまったというか天国に旅立ってしまったというか、終ってしまった。

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」08

第八話くらいになると、感覚が麻痺してきて多少の事件では驚かなくなっている。

「はてなカウンター」最後の日

はてなカウンターが8月7日でサービスを終えるとのこと。

24 -TWENTY FOUR- レガシー」07

第七話は、過去のシリーズに出てきたあの人が再登場だ~!

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」05と06

第五話は結構ドンパチがある回だった。ガブリエルという武器商人がテロリストの入国を支援していたので、アジトへ行って偽の交渉を持ちかけることで何か手がかりが掴めるだろうという作戦である。

「ご冗談でショ」

「ご冗談でショ」はマルクス兄弟の四作目の映画で、1932年の作品である。

「蟻」

今週のお題が「ちょっとコワい話」になっていた。

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」04

テロを画策している潜伏者のリストを悪い連中に奪われてしまった!という困った状況なのだが……。

「カクヨムレビューを10回以上書いた方の自信作」で「一番のお気に入り」に!

「カクヨムレビューを10回以上書いた方の自信作」という企画で、暫定的な入賞作品5作のうち「一番のお気に入り」として拙作「節目」を選んでいただきました!

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」03

第三話は、ますます話がこじれてきた。

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」02

第ニ話は1:00 P.M. - 2:00 P.M.の時間帯で、つまり昼間である。

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」01

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」を見はじめたので、感想をメモしておく。

「我輩はカモである」

戦争はもちろん、善悪や敵味方の区別、果ては映画であることすら忘れたかのような自由で奔放な喜劇映画の大名作である。

「隠し砦の三悪人」

久々に観たぜ! と思っていたら昨年の秋にも観ていたことが判明した。これが最も意外で、本当に思い出せない。

ガリガリ君リッチ(グリーンスムージー味)

コンビニでコピーしたりファックスしたりして、それだけでは店の人に悪い気がするのでアイスを買ったりする。