「日本のスイッチ」再訪:タイムマシン

 

スポンサーリンク

 

 

今回は「タイムマシンがあったら、行きたいのは」という質問である。

結果は、

 

 

過去 56%

未来 44%

 

 

で、かなり拮抗しているものの「過去」の方に人気がある。

これはおそらく、具体的に、

「過去のある一点をこの目で見てみたい」

という欲望に基づいているのであろう。

 

例えば、自分の生まれた日に行ってみたいとか、関が原の戦い、デビュー当時のサザンオールスターズ、1985年の阪神の三打者連続ホームラン、などなど。

 

こういう質問の場合「一回だけどこかを見て、帰ってきたら終わり」というイメージが強いように思う。

 

自分はどうかというと、絶対に「未来」である。

何故かというと未来に行って、

 

「タイムマシンの使用=百回使用してもたったの10円だよ!」

 

みたいな状態になっているのを期待しているからである。

 

しかしこれは、悪魔との契約で、

「願いを三つかなえてやる」

「かなえてもらう願いの数を百万に増やしてもらおう」

みたいなもので、かなりずるいと言えばずるい。

 

整理してみると、

 

大きな流れはわかっているが、細部はわからない=過去

 

大きな流れも細部も不明=未来

 

ということになる。

 

整理しても結局、行きたいのは「未来」で、過去をこの目で見たいという気はあまりない。

 

しかし、例えばもし十回という限度つきの使用であるなら、過去七回:未来三回くらいの比率で分けてもいいようにも思う。

ということは結局、二択なら「過去」寄りということになるのだろうか?

 

歴史に関する知識量が少ないから、単に行きたい時点が思い浮かばないだけなのかもしれない。

軽い気持ちで書き始めたが、本当にだんだん分からなくなってきた……。

 

 

 

分からないままこの回を終える。