書くことなし日記:☆編

 

スポンサーリンク

 

 

このようなさほど多くない読者数のブログでも何かを書くと、はてなスターをチラホラつけてくれる人がいるので、大変ありがたい。

私もいろいろなブログを読んではスターをつけているのだが、その数を幾つにするかでちょっと悩んだりすることもある。

 というのは、皆がきれいに3つずつ☆☆☆とつけているような場合、自分が急に1つにすると、

「こいつ物凄いケチな野郎だな」

と思われてしまいそうな気がするからである。

逆に、皆が1つか2つ程度しか☆をつけていないのに、自分が急に☆☆☆☆☆なんてつけるのもちょっと勇気がいるかな~、でもこの回はかなり傑作だよな~、と悩んでしまうこともある。

そういう場合もやはり、

「こいつ自分だけ目立とうとしやがって」

なんて思われていそうでビクビクものである。

 

結局、他の人が3つなら3つ、前の人が2つなら2つ、だいたい平均して1つくらいなら1つ、という具合に、周囲に合わせて生きるだけの平凡きわまりないスターライフを送っている昨今である。

 

それから、たまたま自分が読んだブログに☆をつけようとしたら、

「更新時間:2分前」

なんて書いてあるのが見えてしまった場合。

こういう時に自分が一番に☆をつけると、

 

「出たー!演奏が終るやいなやフライングブラボーして、自分だけ目立とうとするタイプー!」

と思われていそうでドキドキしてしまう。

 

大体のところ☆1つから3つというのは、自分としても厳密な区別はなくて、何となく周囲に合わせているだけである。

 

気楽なのは「読者数」が数百人以上のブログの場合で、そういうブログの書き手は☆のつき方や順番、数などを見ている筈もなく、どの道つけてもつけなくても同じようなものだ。だから内容が良ければ勢いで5つくらいつけることもあるし、大した内容ではないように思う場合でも何となく1つくらいはつけることもあるし、全くつけなくても義理を欠いたような気にはならない(逆にほとんど読者ゼロ、スターも毎度1つもつかない、というブログの記事に☆をつけるのは勇気がいる)。

 

ちなみに自分のブログにつけられたスターは、引用スターで誤字を指摘する人もいたりする(例えば文中に「熟睡してしまいまました」と書いてあった場合「まました」と引用スターをつける)ので、一応目を通している。

数は正直な話、多くても少なくても別に気にならないので、不安な人はガンガン多めにつけていいし、面倒くさい人は1つで十分である。

「つける☆の数を考えるのは面倒だがブログへの好意を伝えたい」という人は、ブックマークすればいい。ブックマークは必ずひとり一票の投票みたいなものだから、ぜひ「コメントつきの☆」だと考えていただきたい。