書くことあり日記:俳句の続き

 

スポンサーリンク

 

 

有名な俳句の続きを勝手に考えて、下の句(七七)を付け加えてみよう、という遊びを思いついたので、試しに自分でやってみた。

 

叩かれて昼の蚊を吐く木魚哉よく見りゃ親父の禿げ頭

 

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺メエメエ子山羊もないてます

 

月下の宿帳

先客の名はリラダン伯爵

我が名もリラダン伯爵

 

ちるさくら海あをければ海へちる逆回転してまた枝に咲く

 

しんしんと肺碧きまで海の旅ため息ついたらサファイヤころり

 

いなびかり北よりすれば北を見るあっちむいてホイに弱い兄

 

フリードリヒ・ニイチェのごとき雷雨かな梅毒めいた夕闇せまる

 

夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり骸骨になれども嫌ひなり

 

秋風やひとさし指は誰の墓誰かに誰かにこれあげる

 

ピーマン切って中を明るくしてあげたこれでこの娘も成績よくなる

 

をさなくて昼寝の国の人となる夜は夜でまた別の国

 

戦争が廊下の奥に立つてゐた月面歩行で後ずさった

 


別の記事へジャンプ(ランダム)