書くことあり日記:似ている言葉

 

スポンサーリンク

 

 

個人的に、語感や雰囲気が似ている言葉だなと思うものを挙げてみよう。

 まず、

 

押せ押せムード

好き好きビーム


この二つは似ている。

サッカーの試合で、先制された後で追いついて1-1になった時、解説の松木安太郎が「押せ押せムードですよ!もう一点ほしいですね!」などと安い発言をする。

その手のコメントを聞くと、

「ついでに好き好きビームも出してほしいですよ!」

といつも思う。

 

スポーツ関係で言うと、

 

六甲おろし

ラオール・ウォルシュ

これも似ている。

ラオール・ウォルシュは映画監督で、阪神とは何の関係もない。

また、私も阪神を応援している訳ではない。

しかし、たまにニュースで「六甲おろし」という言葉が出てくると、必ず、

ラオール・ウォルシュと似ているな……」

と、心の中でひっそりと思っている。

 

 

夏ざかりほの字組

雨上がり決死隊

 

これもそっくりである。

「夏ざかりほの字組」から研ナオコが脱退して、いろいろとメンバーチェンジがあって、改名もしたりして、その結果が今の「雨上がり決死隊」なんだぞ!

と、誰かにウソを吹き込みたいが、チャンスがなかなか来ない。

 

夏ざかりほの字組

夏ざかりほの字組

 

 

 

歴史館

メキシカン

 

地方に行って「何とか歴史館」があると、いつも似ているなあとしみじみ思う。

ちなみに「メキシカン歴史館」と書くと回文っぽい。

しかし全く回文ではない。

 

 

コジツケ

ロジック

コロッケ

 

コジツケとロジックは、意味が反対だがカタカナで表記した言葉としては、相当なそっくりさんである。

ついでにコロッケも並べると、模様みたいで美しい。

 

 

皆さんも、コロッケを食べる時は「コジツケとロジックとコロッケは似ているなあ」と思いながら食べていただきたい。


別の記事へジャンプ(ランダム)