読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏の豆知識:かりあげクンとからあげクン

スポンサーリンク

 

1980年に連載が開始された「かりあげクン」は、今年で何と!

連載35周年を迎える!

ということを、書店で見かけた「まんがタウン」の表紙で知っただけの俺だが……。

それでも、一応はウィキペディアの記事の一部をコピペしておいてやるぜ!

 

 いたずら好きのサラリーマンかりあげクン」ことかりあげ正太が巻き起こす騒動を描く。

連載開始当初から当時の流行や社会情勢を巧みに取り入れた内容で一躍人気となり、『フリテンくん』や『のんき君』と並ぶ植田まさしの代表作品となった。1980年より双葉社から発行された雑誌『漫画アクション』で連載が開始され、1999年から『まんがタウン』『まんがタウンオリジナル』に移行。2010年8月現在は『まんがタウン』『週刊大衆』にて連載中。『まんがタウン』では巻末に2色カラーで掲載されており、2009年2月号で連載1500回を迎えた。また、2010年には連載終了した[1]クレヨンしんちゃん』に代わって一時期だが『まんがタウン』の表紙中央を飾り、連載30周年記念企画として総集編『かりあげクンBLACK・PINK』も刊行された(単行本と同じカバー付きのA5版)。単行本は双葉社から発売されている。

1980年代末にはフジテレビ系列でテレビアニメ化もされた。『漫画アクション』掲載当初のタイトルは『ほんにゃらゴッコ』であり、『かりあげクン』の表記はなかった。初期には、かりあげが全く登場しない作品もあった。

 

月刊まんがタウン 2015年 04 月号 [雑誌]

月刊まんがタウン 2015年 04 月号 [雑誌]

 

 

その上、さらに衝撃的な豆知識を教えてやるとローソンの「からあげクン」の名前の由来は「かりあげクン」なんだぜ!

嘘だと思う野郎は、ウィキペディアの「ローソン」の項をよく読んどけよな!

ちなみに俺は「かりあげクン」は読んだことがねえわ「からあげクン」は食べたことがねえわで、てめえのブログなのにアウェー感を感じてるぜ!

あばよ!


別の記事へジャンプ(ランダム)