読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑誌卍固め:「Newsweek (ニューズウィーク日本版) 」2008年 12/17号

スポンサーリンク

 

今週のお題「これって私だけ?」

唐突だが、今から七年前の「Newsweek (ニューズウィーク日本版) 」の2008年 12/17号の感想を書いてみるぜ!

「これって俺だけ?」と問いかけるまでもなく、俺だけに決まってるわな……。

 この号は表紙に大きく「丸ごと1冊海外ドラマ」って書いてある号で、付録のDVDに、色々なドラマの第一話が収録されていやがるのさ。

 

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2008年 12/17号 [雑誌]

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2008年 12/17号 [雑誌]

 

 

本を整理してたら出てきたから「デクスター」の第一話だけ観てみっかと思って観て見たら、予想外に面白かったぜ!

 

デクスター シーズン1<トク選BOX> [DVD]

デクスター シーズン1<トク選BOX> [DVD]

 

 

この主人公は、表向きは警察の鑑識官なんだが、裏の顔は子供の頃からの筋金入りの連続殺人鬼なのさ。

そう考えるとパッケージの写真もキモいおっさん、見たくもない変態、触りたくもない害虫みたいに思えてきちまうだろうな。

でも実際はそうでもなくて、殺す対象が本当の極悪人だけと決めてるから、むしろやってる事はいわゆるヒーローものの「正義の味方」と全く同じなんだぜ。

観てる側としては、善といえば善だし、悪といえば悪ともいえる主人公にどういう感情を持つかというと……、白でも黒でもない中間の灰色……、でもなくて、ひたすら透明、といった感じの印象だぜ。

なにしろ表面的には普通の人そのもの、純度100%普通の人として生活してるから、そいつの内面が虚無的だと、まるで真空に吸い込まれるみたいな形で引き込まれちまう。

「共感」に限りなく近いけど違うような、でも「共感」にそっくりな何かを感じてしまったのさ。

舞台がマイアミだから色彩がやけに明るくて、BGMにキューバ音楽やチャチャが流れてくるという陽気なトーンがまたいいぜ(ちなみに「CSI」もNYよりはマイアミの方を推すぜ)。

結局、雑誌の感想というよりは雑誌の付録のDVDのそのまた一部分の感想になっちまってるが、そういう半端な点も含めて俺なのさ!

「これって私だけ?」といった卑下慢っぽい態度とはスッパリ縁を切って、「これって俺だけ!」と胸を張って堂々と生きていくぜ!


別の記事へジャンプ(ランダム)