読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くことあり日記:家庭菜園のおすすめ野菜

家庭菜園 書くことあり日記
スポンサーリンク

 

3年ほど前から、庭に種を蒔いて家庭菜園の真似事をしている。

このブログを読んでいる人の中には「今年こそは家庭菜園をやりたい!」と考えている人もいるかもしれないので、初心者から初心者へのアドバイスのようなつもりで、これまでに育てた野菜を振り返ってみたい。

 

大根……春でも夏でも秋冬でもできる。

最初は間引きのタイミングや間隔がよく分からなかったが、適当にやっていると適当にできるようになった。

簡単で手間がかからず、葉っぱも美味しいし3,4ヶ月くらいのサイクルでできて連作も可能で言うことなし。

初心者はミニタイプの二十センチくらいの大根がよいと思う。

お勧め度はABCで考えるとである。

 

極早生ミニ30日大根 (春、秋まき) (239)

極早生ミニ30日大根 (春、秋まき) (239)

 

 

人参……大根ができるなら人参もできるだろう、と思って何回かやったがどうも大きくならず、物足りない。お勧め度

 

ごぼう……去年の今頃、半年先を夢見て種を蒔いてみたが、途中で雑草と見分けがつかなくなり、8割くらいは消えてしまった。

ある程度は育ったがほんの2,3本だけで印象に残っていない。お勧め度

 

とうもろこし……初夏に苗を植えて、2ヶ月ほどでどんどん大きく育つまではよいのだが、肝心の実が少ししかならない。

最初の年は1房、次の年も1房ほど。お勧め度

 

スナップえんどう……種を蒔いて、3ヶ月ほどですぐできる。実がそこそこなってカリカリして美味しい。

今年はつい先日種を蒔いて、芽が出てきたところである。お勧め度A

 

 

ミックスレタス……本式の球になるようなレタスは難しそうだが、小さい葉っぱだけが出てくるレタスが数種類混ざっている種のセットはお勧めである。

1~2ヶ月ほどでワサワサ生えてきて、すぐに食べられる。

これも簡単で美味しいが、二度三度洗っても虫の卵がついていたり、ナメクジが葉の裏側にいたりするので食べる時には注意が必要である。お勧め度A

 

 

ピーマン……五月頃に苗を買ってきて植える。夏いっぱい実をどんどんつけて美味しい。

人に自慢したら「ピーマンは馬鹿でもできるからね!」と言われてややショックだった。

夏の終わり頃になると、突如として真赤な実がついたりしてその禍々しさにビックリしたりするが、それでも美味しいのでお勧め度A

 

 

茄子……これも苗を買ってきて植える。ピーマンよりももっと生命力が豊かで、勝手にガンガン横に伸びるので支柱が必要である。

普通は秋ごろまで実をつけるが、何を勘違いしたか、12月初め頃まで実をつけていたこともあった。

似たような苗を三つ買ってきても、一つは全く育たなかったりするのでやや当たり外れがあるようだ。

育ち始めてからは特に問題が無く、実が沢山なるのでお勧め度A

 

 

トマト……茄子よりもさらにワイルドで、イタリア産のトマトやらミニトマトやら、苗を売っているのを見るだけでも楽しい。

縦に高くなり、横にも広がるが日当たりのいい場所でないとダメ、連作もダメ、わき芽を摘んだりと色々あるのでお勧め度

 

 

小松菜……簡単で、1,2ヶ月ほどでできる。あまりに簡単すぎるので印象に残っていないが、初心者が試しにやるには向いているかもしれない。お勧め度

 

【種子】小松菜 [1125]

【種子】小松菜 [1125]

 

 

今年はまだ3月だが、既に私の中では開幕戦が始まっており、ミックスレタスとスナップえんどうの種を蒔いて、もう芽が出てきているところである。


別の記事へジャンプ(ランダム)