読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くことあり日記:「ちょいと」の効用

書くことあり日記 音楽
スポンサーリンク

 

誰も考えないせいで誰にも知られていないようだが、歌詞に「ちょいと」を代入すると、ガラリと雰囲気が変わるケースがある。

例えば、あみんの「待つわ」。

 

♪かわいいふりしてあの娘~

あ、ちょいと

やるもんだね~と~

 

このように始めると妙に明るくなる。

生きるのだって辛くなくなる。

サビの部分も、

 

♪待~つ~わ~

あ、あ~ちょい~と

待~つ~わ~

 

と、このように「いつ~まで~も」を「あ、あ~ちょい~と」にするという、ちょいとそれだけの工夫で「待つわ音頭」のような雰囲気に早変りするのである。

春を通り越して、楽しい夏祭りがやってきたかのようだ。

暗い曲と明るい曲とは実に紙一重の差なのだ、ということがよく分かる。

 

P.S.あなたへ・・・

P.S.あなたへ・・・

 

 

ちなみに「あみん」というグループ名は、さだまさしの「パンプキン・パイとシナモン・ティー」の歌詞に出てくる喫茶店名に由来している。


別の記事へジャンプ(ランダム)