読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tumblrでおすすめされたアカウントを消すときに出てくるメッセージコレクション 2015 春

Tumblr
スポンサーリンク

 

以前「皆殺しのブルース」の回で3つほど紹介したことのある「Tumblrでおすすめされたアカウントを消すときに出てくるメッセージ」だが、その後の調査の結果、かれこれ数十種類のメッセージを収集するに到ったので「コレクション2015 春」として発表してみたい。

 

 

 

まずはシンプルなものから。

 

「許可しない」

 

「今後表示しない」

 

「どこかへ消えて」

 

「いいえ」

 

「いやだー」

 

「いやー」

 

「げっ」

 

「げっ」というのは最短フレーズである。

 

 

「いなくなれ」

 

こんなのいらない」

 

「こんなのがいいと思える人いるの?」

 

「いるの?」という質問形が居丈高で嫌味である。

 

 

「消してください」

 

「消えてしまえばいい」

 

「ダッシュボードから消えてしまえ」

 

「ダッシュボードからいなくなって!」

 

この順番に並べて読むと、だんだん腹を立てているようである。

 

 

「趣味じゃないです」

 

「必要なし」

 

「魅力なし」

 

「興味なし」

 

「興味ありません」

 

「正直、好きじゃない」

 

「勝てるかな」

 

「さようなら」

 

「ノーサンキュー」

 

何だか自分が否定されているようで落ち込みそうである。

「勝てるかな」というのは意味がわからない。

 

 

「これはひど過ぎ」

 

「これ以上見たくありません」

 

「これは好きではありません」

 

「この投稿は好きじゃない」

 

「この投稿には興味ありません」

 

「この投稿は気分を悪くします」

 

「この投稿は面白くない」

 

「これ」「この」で始まるタイプはかなり多い。

 

 

「他のものはありますか?」

 

「なくなった方がすっきりします」

 

「これもいりません」

 

実際の気分としては、この辺が最も自分の感情に近い。

趣味に合わない写真を連続して見せられると、本当に抗議したくなってくる。

 

 

「これはちょっと…」

 

「お願い、やめて」

 

少しくだけた口調のもの。

 

 

「もっといいのをおススメしてよ」

 

個人的にはこれが本音に近い。

 

という訳で、Tumblrさんはもっといいのをおススメしてよ!

それから、このメッセージの種類は四十通りくらいあるみたいだけど、今後はもっと面白いフレーズを増やしてよ!


別の記事へジャンプ(ランダム)