読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏の豆知識:「負けに不思議の負けなし」は野村克也ではなくて……

チラシの裏の豆知識
スポンサーリンク

 

有名な「 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉だが、実は……!

 

この言葉は野村の創作ではなく、松浦静山の剣術書『剣談』からの引用である。「負けるときには、何の理由もなく負けるわけではなく、その試合中に何か負ける要素がある。勝ったときでも、何か負けに繋がる要素があった場合がある」という意味。

 

 

これだけの↓ドヤ顔をしておきながら……。

 

負けに不思議の負けなし〈完全版〉 上 (朝日文庫)

負けに不思議の負けなし〈完全版〉 上 (朝日文庫)

 
負けに不思議の負けなし〈完全版〉 下 (朝日文庫)

負けに不思議の負けなし〈完全版〉 下 (朝日文庫)

 

 

実は松浦静山の言葉なのであった。

 

 松浦 清(まつら きよし)は、江戸時代中・後期の大名肥前国平戸藩の第9代藩主。

平戸藩世嗣だった松浦政信(第8代藩主・松浦誠信の三男)の長男。母は政信の側室・友子(母袋氏)。官位は従五位下。死後に従三位幼名は英三郎。は静山。この号を合わせ、一般には「松浦静山」の呼び名が通っている。

隠居後に執筆した江戸時代後期を代表する随筆集『甲子夜話』で著名である。大名ながら心形刀流剣術の達人であったことでも知られる。

 

 清は文学者としても秀でており、文政4年(1821年)11月の甲子の夜に執筆を開始したということで有名な、江戸時代を代表する随筆集『甲子夜話』(完本は平凡社東洋文庫、全20巻)や剣術書『剣談』(野村克也名言とされる「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」はこれが出典で、清本人の発言である)など、多くの重要な著作を残している。

 

 

剣談―静心庵先生言行録

剣談―静心庵先生言行録

 

 

という訳で、ウィキペディアで知った知識の断片を、ちょっと大げさに書くだけのこのコーナーなのであった。


別の記事へジャンプ(ランダム)