読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏の豆知識:月で兎が餅をついているというイメージ

スポンサーリンク

 

「月で兎が餅をついている」というイメージは、いったい誰が思いついたのだろうか?と思って調べてみたら、

 

月には不老不死の霊薬を搗く兎と蝦蟇(ガマ)が住み、枯れることのない桂の木が生えているという中国の伝説が、日本に伝わった時に蝦蟇は除かれ、名月は望月で「もちつき」の音に似ているので兎が餅を搗いているイメージで定着しました。

 


単なる「望月」=「餅搗き」というダジャレだったのであった。

 


別の記事へジャンプ(ランダム)