書くことあり日記:本物至上主義

 

スポンサーリンク

 

 

「クリスチャンでない人は、ゴスペルを聴いたり歌ったりしてはならない」「黒人でないとジャズはわからない」「映画は映画館で、封切り時に観ないとダメ」といった類の本物至上主義的な意見にどう応じるか、という問題はなかなか人それぞれで、色々な立場があって面白い。小論文のテストの模範文例を作るつもりで考えるともっと面白い。

さらに「悪い例」を考えると、もっとスリリングなひと時を過ごせそうである。

早速やってみよう。

「その通りだと僕は思います。これからはスティーヴィー・ワンダーの音楽を理解できるように目を閉じたまま生きてみたいです!」

ベートーヴェンを理解するために、耳栓をします!」

乙武君の文章の味は、五体不満足にならなきゃわかりません!」

ソクラテス孔子の考えは、生で直接聞かないと駄目です!」

「トットちゃんの気持ちは、窓際の席に座らないと理解できません!」

 

 

「かんじはもともとちゅうごくからきたものですから、にほんじんはかってにつかってはだめです!」

「死んでいる人の考えを理解するためには、自分も死なないと駄目だと思います!」

「アニメの登場人物の気持ちを知るためには、自分もアニメ化されないと駄目です!」

「動物を愛護するからには、いっそのこと人間をやめて動物になります!」

 

別の記事へジャンプ(ランダム)