読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観た映画:「セッション」

スポンサーリンク

 

この映画は、音楽学校の鬼教師が主人公の学生ジャズドラマーをビシビシ厳しく鍛えるという話で、期待して観たら期待以上だった。

物凄く大雑把に書くと、教師と生徒が対立して和解して、また対立して和解して、という繰り返しである。

ただ最終的には教師が勝ったのか、それとも生徒が勝ったのか、二人ともどこかの暗黒面に落ちてしまったのか、二人で栄光をつかんだのか、一概に言えないような結末で、余韻を残しつつもスパッと終る点がいい。

 

 

それに映画の終盤になって「ええええええええええええ!!」とビックリできたのは久しぶりであった。

「ここからどうするんだよ!」と、少々パニック状態になって、ただただ全身を目にして画面を観るしかない、という瞬間こそが映画のクライマックスというものであって、「多分こっちが勝つだろうな」と思える側が勝つのでは、演じる側も観る側もベルトコンベアーに乗っているようなものだ。

この映画は「大体、こういう所に着地するだろうな」という、そこそこ穏当な終わり方にもできた筈の筋なのである。ライムスター宇多丸氏は、主人公の彼女が最後の演奏会場に「実は来ていた」という甘い展開でも、それはそれで良かったではないかと言っていたが、私もその展開は大いにアリだと思う。というのは最初のデートに誘った時に一回、フェイントをかけているので、その場面がいわば復活して「あれは絶妙の伏線だった」ということに確実にできるからである(そうしなかった所が偉い)。

 

トレーニング デイ [Blu-ray]

トレーニング デイ [Blu-ray]

 

 

とにかく主人公の絶体絶命度が高く、鬼の指導者とその生徒という関係からして「トレーニング デイ」を思わせる。この作品もやはり終盤でまさかの展開があり「ええええええええええ!!」となって「もう完全に駄目だ!」と久々に心底からハラハラできた。

 

モテキ DVD通常版

モテキ DVD通常版

 

 

モテキ」も珍しく終盤で「えええええええええええ!!」となったことはよく覚えているのだが、最終的にどうなったのかは覚えていない。

 

ところで本作の 鬼教師は、どこかで見たことがあると思っていたら、

 

f:id:ankoro:20150928200827j:plain

 

それは昔の「火星人ゴーホーム」の表紙の火星人なのであった。

 

火星人ゴーホーム (ハヤカワ文庫 SF 213)

火星人ゴーホーム (ハヤカワ文庫 SF 213)

 

 

今はこう↑なっている。

 

また、作中に何度も出てきたバディ・リッチはこの人↓である。

 

hint.hateblo.jp

 
別の記事へジャンプ(ランダム)