読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くことあり日記:めちゃくちゃブックス

書くことあり日記
スポンサーリンク

 

時々、自分が店を出すとしたらどういう店にするか、あるいは名前にするかについて考える。 

 

 

車の運転中に、ふと「めちゃくちゃブックス」という書店はどうかと思いついた。

自分なら、通りすがりにそういう看板を見かけたら100%入るだろうと確信できるネーミングである。

その店の店主だとしたら、自分はレジで寝る。

「さすが、めちゃくちゃブックスですね……」

とお客さんが声を顰めて、静かな店内に自分の寝息だけが漂っている。

 

たまに威勢のいい中学生が入ってきて、

「なあ~んだ、大してめちゃくちゃじゃねェや!」

と言ったら、いきなり背後から消火器の粉を浴びせかける。

親が文句を言いに来たら、親の顔にも消火器の粉を噴射する。

パトカーや警察官や消防車やマスコミにも消火器の粉をぶちまける。

無くなったら、うどん粉をぶっかける。

 

日清 手打ちうどんの小麦粉 チャック付 1kg×5個

日清 手打ちうどんの小麦粉 チャック付 1kg×5個

 

 

電話がかかってきたら、

「はい!いつもめちゃくちゃ、めちゃくちゃブックスでございます!」

なんて言うのだろうか。

「あいよ!めちゃくちゃブックス!」

と威勢よく言って、いきなり切るのもいい。

品揃えもめちゃくちゃ、会計もめちゃくちゃ、接客は適当でいい加減。

「それでも多くの人々に愛され続けて、とうとう開店以来五十周年です!」

と、開店して半月くらいで「五十周年記念イベント」を開催したりする。

そういう店を私はやりたい。

 

めちゃくちゃに泣いてしまいたい

めちゃくちゃに泣いてしまいたい

 

 

そして、めちゃくちゃに泣いてしまいたい!

 
別の記事へジャンプ(ランダム)