読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポメラニアン日記:自由への逃走と帰還

スポンサーリンク

 

キツネ顔をした柴犬にしか見えないが、一応はポメラニアンのpちゃんは、飼い主が油断している隙を見逃さない。

たまたま首輪が緩いタイミングを見計らって、スルッと首を抜いてしまう。

「待て!pちゃん!」

という声を振りきるように、ズギュン!という勢いでたちまち五百メートル彼方の白い点となる。

 

柴犬 ペンダント

柴犬 ペンダント

 

 

以前飼っていた犬の場合は、こうなると追いかけても怒鳴っても逃げ回って、戻ってこなかった。

餌の時間になるとひょっこり戻ってきたりはするのだが、とにかくこちらの思うようには捕獲できなかった。

pちゃんの場合は、餌を入れる容器をカンカン、と叩いて、

「pちゃんや~、こっちに戻っておいで……」

と優しく声をかけると再び、地を這う白い流星のような勢いでバビュン!と戻ってくる。

別に逃げたい訳ではなく、単に行って帰ってくるだけなのであった。

思春期の家出だって、もう少し時間をかけて渋々帰ってくるのではないか。


別の記事へジャンプ(ランダム)