読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポメラニアン日記:pちゃんの好敵手たち【魔王編】

ポメラニアン日記
スポンサーリンク

 

pちゃんの敵で「魔王」ともいうべき最凶の存在、それはカラスである。

遠くでカラスが「カア」と鳴くだけで、pちゃんの心の中で炎が燃え上がるらしい。

姿が見えている時は、さらに大きな声で怒ったように吠える。

 

カラス:カア!

pちゃん:ワン!

カラス:カア、カア!

pちゃん:ワン!ワン!

カラス:カア、カア、カア~!

pちゃん:ワン、ワン、ワオーン!

 

という風に、きちんと罵り合いが成立している。

一旦、pちゃんの心の中で「吠えたい」という欲望が動き出すと、空気抵抗や摩擦がないままズンズン進んで行って、次第にねずみ花火のようにクルクル回りながら飛び跳ねて、やがてはpちゃん自身にも訳が分からなくなって、収拾がつかなくなるようだ。

困るのは、すっかりカラスの姿が見えなくなって、声もしない状態になってもまだ吠えたがる点で、何もない方向に向かって同じ調子でずっと吠えている。

「引っ込みがつかなくなっている」という風にも見える。

 

 

かと思うと、その反対もある。

夜、急に吠え始めるので何かと思っていると、しばらく経ってから救急車のサイレンが近づいてきて、近所を通り過ぎて去って行ったりするのである。

こういう時は夜中でも「遠くのサイレンに気づいて偉いね~、pちゃん!」と褒めてやりたくなるが、すぐにピタッと吠えるのをやめてまた眠るので、カラスと救急車の区別は一応ついているらしい。


別の記事へジャンプ(ランダム)