読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観た映画:「エトワール」

 

スポンサーリンク

 

 

パリのオペラ座に関するドキュメンタリー映画で、「エトワール(「星」という意味)」はその中で選ばれる最も優れたバレエ・ダンサーのこと。

 

エトワール デラックス版 [DVD]

エトワール デラックス版 [DVD]

 

 

インタビュー映像とバレエの様子が交互に映し出される構成になっていて、インタビューの部分は「競争が厳しい」「子供の頃から練習一筋」といった、どの世界でもよくあると言えばある話が多い。本番でハプニングがある場合に備えて、代役が常に待機しているという辺りはやや意外だった。

監督は「この映画を撮った理由は?」という質問に対して「美人が多いから」と即答していた。これは冗談めかしているようで、かなり真実っぽい。唖然とするような美人が惜しげもなく出てきて、感覚が麻痺するくらいなので。

 

エトワール [DVD]

エトワール [DVD]

 

 

バレエの部分は断片的な映像の積み重ねで、せわしなくはならない程度にスピーディで快適。美しい肢体を持った美しい顔の人が、美しい音楽に乗って踊る様子はただただ素晴らしい。

バレリーナの足はとにかく長い。バレエの衣装を身に着けている姿だと気づきにくいが、ジーパンを穿いている映像になると、風呂屋の煙突がくの字に折れたような足をしている。

「ため息をもらすと寿命が縮む」とは言うものの、美しいものを見たり聴いたりしてもらすため息は少し寿命を延ばしてくれるように思える。


別の記事へジャンプ(ランダム)