読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でも日記:600記事になった

何でも日記 ブログに関する話題
スポンサーリンク

 

今回は何と、ぴったり600記事目である。他にもあれこれと並行してブログを書いているので、どれが何回目などと気にしている暇がない。このブログは、たまたま自分が気づいたので祝っているだけのことである。

f:id:ankoro:20160324224544j:plain

 

だが今は少し忙しいので、これといって特別な感慨は湧かない。

仕方がないので、このブログについて漠然と考えていることを書いてみよう。

初めのうちはどのブログも「一日100PVくらい読まれないかな」という程度の望みから始めるのだが、なかなかそうポンポンとは読まれないのが実情である。このブログはまだ良い方で、今年になってからは平均して一日200PV以上にはなっている。この調子で同じように書いていけば少しずつ過去記事が増えていくので、それに従って一日300PV、500PV、もっと先には1000PVくらいになるのだろうか。

どうも300くらいまではイメージできるのだが、それ以上はどの辺りが限度なのか全く不明である。つい一年前まではコンスタントに100PVも行かなかったほどなので、今でも余り多くはない方だが、まあまあ進歩はしている。

そもそも書く内容に脈絡や統一性がなく、好き勝手に書き散らしているだけなので、ストレスがなく目標も抱負もあまりないし、反省や後悔もない。指標としてはPV数くらいだが、長い間ずっとチビチビと微増しているだけの話で、急に上がることはない代わりに急下降することもなさそうである。

ブログに関してこれは鋭いと思った指摘は、どこで読んだのか忘れてしまったが「読者数の10分の1くらいしか読んでいない」というものである。自分もこのブログは230人くらいの読者数になってはいるが、実感として何を書いても読まれていると感じる読者はせいぜい20人ほどで、それすら数ヶ月で半分は入れ替わっている。それ以外は通りすがりの冷やかしの人と、検索で過去の記事に漂着した人である。

書きたいと思う内容はいろいろあって、特に「何でもベスト10」は人を雇って書いてもらいたいほどテーマがある。しかしとりあえず今年の4~5月は他のブログをせっせと耕して、このブログはやや更新頻度を下げた方が良いように感じられるので、そうするかもしれないし、しないかもしれない。

ゆくゆくは曜日ごとに更新するブログを決めて、月曜日はA、火曜日はB、水曜日はC、という風にどのブログも週に一回の更新とするのが良いのではないかという気もしている。

その方が読む人が楽だし、書く方も気分が変わってよい。今の自分はまだムラッ気があって、たくさん書きたいブログと、休止しているブログの差が激しい。これを均していこうなどと考えているうちに、また別の新しいブログを作っていたりするので自分でもよく分からない。あまり無理をせず、なるべく他人を批判せず、ちんたらした感じで楽しくやっていきたい。人生万事機嫌よく行きたい。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)