読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観た映画:「素晴らしき哉、人生!」

映画
スポンサーリンク

 

フランク・キャプラの映画の良さを知ったのは十年くらい前で、確か「或る夜の出来事」か「スミス都へ行く」か、どちらかに感銘を受けたのが切っ掛けである。

 

或る夜の出来事 [DVD]

或る夜の出来事 [DVD]

 
スミス都へ行く [Blu-ray]

スミス都へ行く [Blu-ray]

 

 

その後で続けて、「オペラハット」「毒薬と老嬢」「我が家の楽園」なども観た。どれもこれも題名で損をしている気がするが、中身は面白い。中でもやはり代表作は「素晴らしき哉、人生!」でほぼ決まりということに世間ではなっている。これもやはり題名は古臭いが内容は面白くて、最初から最後まであらゆるエピソードや描写が二次利用、三次利用されて全く無駄がない、お得な感じがある。

 

素晴らしき哉、人生!  Blu-ray

素晴らしき哉、人生! Blu-ray

 

 

十年くらい前に観て、そのままほぼ内容を忘れてしまっていたのだが、観直してみると、とにかく悪役が悪い!強い!良いことをするチャンスがあっても悪い態度を貫き通す!という三拍子揃った極悪人だった。ここまで悪いといっそ痛快というか、主人公を虐げまくって、生涯を通じてずっと悪いままで何のお咎めもなし、という稀有な存在であることに気づいて感心してしまった。

今だとこの映画は「バタフライ・エフェクト」の後の口直しのデザートのように味わわれるべき作品なので、あれを観て凹んでいる人には強くお勧めしたい。

 

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

 

 

最悪なのは「素晴らしき哉、人生!」を観てから「バタフライ・エフェクト」を観て落ち込んで死にたくなってしまうコースだが、その時はもう一回「素晴らしき哉、人生!」に戻って、思いとどまってほしい。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)