読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしも100万円が手に入ったら

スポンサーリンク

 

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」

 

無視する。

ひたすら無視する。 

冷たく無視する。

 

ひとり暮らしの場合、わざと台所とか、下駄箱の上とか、トイレの床だとか、無造作にその辺に置いておく癖に、まったく無頓着な様子で、

「はあ?100万円?何それ?」

という態度を、あえてとり続ける。

一種の芝居だが、修行僧のようにひたすら無視を続けるのである。

 

他人が見ている前でも、

「はあ?自分の100万円ですけど?それが何か?」

といった調子で質問を封殺して、話題にすら上らせない。

 

別に金持ちでもないし、金銭感覚がおかしくなった訳でもない。

普通に生活や娯楽のために金を使い、あるいは貯金して、人生を生きているのである。

それなのに、目の前の100万円の束だけは、何としても無視。

 

来る日も来る日も淡々と、ただひたすらに無視。

たまに視界に入っても、「フン!」とばかりに、ソッポを向いて無視。

雨の日も、風の日も、雪の日も無視。

 

勿論、内心では「100万円!やったぜ!」と思うこともあるかもしれない。

「今度、この100万円でアレとアレを買おう!」とニヤニヤしてしまうかもしれない。

「急に無くなっていたら、いくら何でも焦るだろうな!」と想像して、不安になるかもしれない。

しかし、そのような内心の喜びも不安も、ソワソワもざわめきも全て無視する。

 

やがて……、

長い長い年月の後で、シーンとした、仙人のような静かな心境へと至るのである。

 

その心境も無視。

 

もう最初の100万円のことなど、とっくに無視どころか忘れきっている。これぞ完全無視の境地である。

自我すら忘れているかもしれない。

 

やがて死の瞬間が訪れる。さすがに死となれば一大事である。

 

その直前に、何かを思い出しそうになる!「何か」って、何だっけ?

 

ところが、その「何か」もサラッと無視。

 

あっ、

 

今、

 

死にそう!

 

とうとう、死が間近に迫ってきた!

 

それも無視。

 

無視した結果、死ぬ寸前の状態から生き返ったりして。

 

ここまで来てようやく、ふと100万円のことを思い出す。いったん完全に忘れて、死にかけてから思い出した100万円である。

気味が悪いので、誰も盗んだりしていない本物の100万円の束が目の前にある。

この100万円の嬉しいことといったらない。

 

「やったー!100万円だー!」

 

めでたしめでたし。

 

 

注:途中までは「ひとり暮らしでない場合」も書こうと思ったが、思っているうちに書き終えてしまった。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)