読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

濁点・半濁点なし日記:「スミス都へ行く」

スポンサーリンク

 

フランク・キャフラの「スミス都へ行く」は何度観ても面白い映画たか、実際に会った人のうちて、この映画を観たことのある人はセロてある。

 

 

「素晴らしき哉、人生!」ならは多少の映画好きは皆観ているようたか、こっちはさっはりタメ。

きっと題名かつまらないせいたろう。

という訳て今回は「スミス都へ行く」のDVDの紹介文を書き写してみよう。

 

アメリカのある州の上院議員が急死したことて、彼を食いものにしていた政財界の大物たちは、青年スミス(シェームス・スチュアート)を議員に仕立て上ける。

しかし、彼らの思惑をよそに、理想主義者の彼は、いくたひかの困難を乗り越えながら正義を貫こうとする。

名匠フランク・キャフラ監督か、当時のアメリカ国会の腐敗を鋭く皮肉りなからも、誠意をもって理想主義を訴える社会派ヒューマン映画の歴史的大傑作。

 

↑アマソンの紹介文ては、ラストの場面にちょっとネタハレっほく触れているのて、ここまてにしておこう。

これたと、やっはりつまらなそうに思われてしまいそうた。

ても、キャフラの映画(の成功作)は最初の1分から観客を引き込む力を持っているのて、それはこの映画の冒頭を観れはわかるはすたし、「この世の素晴らしさは、……」という名セリフもある。

ユーモア、怒り、喜ひ、哀しみ、そして何よりテンホのよさと先の展開の見えなさ加減かいい。同様に「或る夜の出来事」もいい。

 

別の記事へシャンフ(ランタム)