読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観た映画:「キャロル」

映画
スポンサーリンク

 

「キャロル」を観ていたら突然、テディ・ウィルソンという昔のジャズピアニストが出てきたので驚いた。

 

キャロル [Blu-ray]

キャロル [Blu-ray]

 

 

出てきたといっても、

「こんにちは!テディ・ウィルソンです!」

と言ってご本人が登場する訳ではなくて、いわば小道具のような感じで曲とレコードが出てくるのだが、それにしてもマイナーすぎて自分でも知っていることを忘れかけていた。

 

www.youtube.com

 

確か「軽音楽をあなたに」(というFM番組)のジャズピアノ特集で聴いたのが最初である。その時に「I've Got The World On A String」をテープに録って何度も聴いて、その後、大学生くらいになってからCDで「MR.WILSON」を買ったのである。

 

www.youtube.com

 

ミスター・ウイルソン

ミスター・ウイルソン

 

 

で、何が言いたいかというと「テディ・ウィルソンはいいですね」ではなくて、こういう形で映画の中に不意打ちでミュージシャンが登場したケースが以前にも確かにあったような記憶があるので、思い出そうとして努力したのだがまるで思い出せなかった。

 

しかし、とうとう思い出しました!と大声で言いたい。

 

それは「リストランテの夜」という映画で、レストランを経営している兄弟の話である。

 

リストランテの夜 [DVD]

リストランテの夜 [DVD]

 

 

この中に、な何と、ルイ・プリマが出てくるのである。

出てくると言っても、

「こんにちは!ルイ・プリマです!」

という登場の仕方になるのかどうか、そこが微妙な所なのではっきり書けないが、気になる人にはお勧めしたい。

 

nd.hateblo.jp

 

気にならないという人は、おそらくルイ・プリマ自体をご存じないと思われるので「何でもベスト3」をお勧めしたい。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)