読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ラ・ラ・ランド」

 

スポンサーリンク

 

 

「ラ・ラ・ランド」を観てきた。ブロードウェーの人気作品の映画化ではなくて、オリジナルの内容と曲でアカデミー賞の大本命、それに「セッション」の監督ということで期待して、かなり期待以上の部分もあった。

何が期待以上だったかというと、どの曲にもちょいちょいヴィブラフォンが入ってくる点である。冒頭の渋滞の場面での「Another Day of Sun」からして、いきなり歌声につられたようにヴィブラフォンが入ってくる。

 

www.youtube.com

 

他の曲でも例えば「Someone In The Crowd」などイントロから入ってくる。単なる姉と弟の口論の場面ですらヴィブラフォンの音がバックに入ってくる。

 

www.youtube.com

 

とにかくヴィブラフォン好きにはたまらないアレンジが多く、それ抜きでも曲がどれも良いので、映画を観なくてもサントラを買っていいレベルである。

 

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン,ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック(スコア)

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック(スコア)

 
La La Land (Original Motion Picture Soundtrack)(Blue vinyl) [Analog]

La La Land (Original Motion Picture Soundtrack)(Blue vinyl) [Analog]

  • アーティスト: Various Artists
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック合同会社
  • 発売日: 2017/02/03
  • メディア: LP Record
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ミュージカル物はセリフや歌詞で野暮な説明をさほどしない点が実に映画的なので、そういう意味でもあの「セッション」の素晴らしさを引き継いでいる。「二人は互いに惹かれあいました」とか、クライマックスの一連の流れなど、説明がなくても音楽と画が全てのいきさつを雄弁に、漏れなく語り尽くしている。アホみたいに明るければ明るいほど良くなる場面もあり、反対に明るければ明るいほど胸が痛くなる場面もありで、下馬評の高さもなるほどと思わせる一作であった。主演女優がチワワみたいで可愛いので、13部門14ノミネートのうち主演女優賞は獲ってほしい。

 

「ヴィブラフォンの音がわからない」という人はこちらをご覧下さい。

 

www.youtube.com

 

別の記事へジャンプ(ランダム)