竹脇無我と蟹江敬三

 

スポンサーリンク

 

 

なぜか昔から「竹脇無我」という文字を見ると、即座に蟹江敬三の顔を想起してしまう。そういう癖がついている。

おそらく子供の頃に勘違いをして、頭の配線がすっかり完成するまでずーっと固まっていたせいで、後から修正が効かなくなっているのではないだろうか。

 

もう一度、自分に言い聞かせるためと、今度わからなくなった時のためにメモしておこう。

 

清水次郎長 DVD-BOX1 HDリマスター版

清水次郎長 DVD-BOX1 HDリマスター版

 

 

↑この人が竹脇無我である。

 

凄絶な生還、うつ病になってよかった

凄絶な生還、うつ病になってよかった

 

 

ちなみに、「凄絶な生還、うつ病になってよかった」という著書もある(いま知った)。

 

 

MAZE [DVD]

MAZE [DVD]

 

 

matome.naver.jp

 

↑そして、蟹江敬三はこの人です。

 

顔も名前も少しも似ていない。しかし、私の中でだけはたまに同一人物になってしまうのである。

このブログを読んでいる皆さんも自覚していないだけで、勝手に誰かと誰かを勘違いしているかも知れないのだと、警鐘を鳴らしておきたい。ちなみに私の知人には、藤山寛美の娘の藤山直美と、あき竹城を完全に混ぜてしまっている人がいた。


別の記事へジャンプ(ランダム)