読書会で知ったこと

 

スポンサーリンク

 

 

1.阿刀田高は死んでいる。

 

えっ、そうなんだ!!

と思って、帰宅して調べてみたが……ご健在ですよ!!

おいおい!!

 


2.阿刀田高は日本で五本の指に入る作家だ。

 

それはちょっと……、腕が五本あっても入らなそうですかね……。ダールを読んだ方がいいでしょう。

 

あなたに似た人〔新訳版〕 I 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

あなたに似た人〔新訳版〕 I 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

 
あなたに似た人〔新訳版〕 ?

あなたに似た人〔新訳版〕 ?

 

 


3.「細雪」を書いたのは川端康成だ。

 

それもちょっと……、川端康成はああいう小説を書こうと思っても書けないし、と言うか、そもそも「書こう!」って思わないですよね。

 

細雪 (中公文庫)

細雪 (中公文庫)

 

 


4.筒井康隆の七瀬シリーズと「エスパイ」は見事な作品です。

 

うーん、惜しい!

いや、

「かすった」

くらいの感じでしょうか。

私が国語の先生だったら、この発言に対して部分点くらいはあげてもいいかもしれない。

七瀬シリーズは確かに筒井康隆ですけど、「エスパイ」は小松左京なのでした。

昔はテレビでもやってましたよね。

 

エスパイ (角川文庫)

エスパイ (角川文庫)

 
エスパイ  [東宝DVD名作セレクション]

エスパイ [東宝DVD名作セレクション]

 

 

それにしても、たった一時間半の読書会ですが、なかなか文学史的に面白い発言が多くて、ちょっと自分の頭では思いつきません。


別の記事へジャンプ(ランダム)