クの子供たち

 

スポンサーリンク

 

 

 まだ幼いクの子供たちが整列し、行進していると、

     クククククク々ククク

 何やら一人だけ、毛色の違う子が混じっていた。

 ク「おい、お前だけなんだかヨタヨタしていて、動きが鈍いぞ!ククク……」
 々「引きずってしまうんだよ。この、下の方のストッパーが邪魔になってね……」
 ク「ストッパーなんて意味ないだろ?付けてどうするんだよ」
 々「ま、最近その、そういうのが流行してるからね……NYとかでね……」
 ク「お前あれだろ?複雑骨折かなんかしちゃって、固まったら変な風になっちゃってるやつ?ククク……」
 々「ちっ違うよ!こうやって、前に、進む、こと、が、で、」
 ク「無理すんなって!じゃあな!ククク……」

   クククククククク……      々

 すっかり置いていかれてしまった。
 あざ笑いながら去ってゆくクらの背中を見つめる々の目には、うっすらと涙が浮かんでいた。

 久「あっ、お前!」
 々「はい?」
 久「こんな所で何やってんの?」
 々「えっ?」
 久「おいおい!俺だよ、俺!」
 々「ええと、その……」
 久「お前の父ちゃんだよ!久しぶりだからって、忘れたのか?」
 々「お父さん?そういえば格好が……」
 久「そっくりだろ?親子なんだから、そりゃ似てるって!」
 々「本当に、お父さん?」
 久「そうだとも!」
 々「お父さんだ!」
 久「息子よ!実は相談したいことがあるのだ!」
 々「何?」
 久「ちょっと金を貸してくれないか?」
 々「ないよ!子供なんだから持ってないって!」
 久「それならもう、親でも子でもないわ!あばよ!」

 久は言うが早いか、走り去っていった。

 々「何だよまったく……怪しいなあ」
 タ「あらっ?お前?お前かい?」
 々「はい?」
 タ「はい?じゃないよ。こんなにそっくりなおっ母さんのこと、忘れちまっタのかい?」
 々「またその手口かよ!誰が信じるか!」
 タ「無理もないね……。文字の成長は人間の一億倍……。生まれタばかりの可愛いお前を、クの群れに置き去りにして行かざるを得なかっタ、おっ母さんをどうか許しておくれ」
 々「え?本当に?」
 タ「嘘を言うもんですか!それとも、タっタひとりのおっ母さんの言葉を、信じられないとでも言うのかい?」
 々「でも、格好が似てないし……」
 タ「そうやって、疑いの目つきでおっ母さんを見ても……、何も解決なんかしやしないよ!」
 々「じゃあ、どうすればいいんだよ!」
 タ「気合を入れて、ターッ!って言ってごらん!タになれるから!」
 々「……ター」
 タ「それじゃ、少しも気合いが入ってないんだよ!もっと本気でおやり!」
 々「ター!」
 タ「そうそう、その十倍くらいの声を出してみな!」
 々「ターーーッ!」
 タ「もっとだよ!腹の底から、百億倍の声を出してみな!」
 々「ターーーーーーーーーーーッ!!!」

 その時、々の体が光に包まれ、輝き始めタ!

 タ「あれ?どうやらタになっタらしいぞ?」
 タ「おめでとう!ついにあんタも、タの仲間入りだよ!おっ母さんも鼻が高いよ!」
 タ「やっター!これで僕も一人前かな?」

 すると、向こうからタタタタタ……、と仲間タちが駆け寄ってきタ。

 タ「お前、とうとうやりやがっタな!」
 タ「あ、有難う!タ同士、よろしく!」
 タ「こっちこそ、よろしくだぜ!なあ、みんな!」
 タ「おう!」
 タ「ヒューヒュー!」
 タ「お前、すげェよな!」

 タは、大勢のタらに囲まれて拍手喝采を浴びた。

 タ「お前、本当にすごいぜ!」
 タ「そうかな……、それほどでも……」
 タ「いや、俺たちは、もともとクの子供だっタんだけどさ。タに憧れてタんだぜ」
 タ「そうだっタのか!」

 タは驚いタ。

 タ「一列に並んで、歩いて市役所まで行って、ズラーッと申請手続きに並んでさ、やっと棒を一本ずつ支給されて、それでやっとタになれタって訳よ」
 タ「そういう手続きの列だっタんだ?」
 タ「あせって棒を後ろにくっ付けちまってさ、最終的に漢字の久になっタみてえな、恥ずかしい奴までいたぜ……」
 タ「……まあ、色々あるんだな……」
 タ「中にゃ間違って、前髪を切っちまって、とうとうフにまで堕ちてっタ奴もいたっけな……」
 タ「そういう奴もいるってことか……」
 タ「お前のストッパーのこと……、あん時ゃ馬鹿にしてご免な。許してくれよ」
 タ「構わねえよ、ちっとも気にしちゃいねえぜ……」
 タ「お前、自力で自分の一部を伸ばしてタになっタなんて、大しタもんだぜ。根本的に気合いが違うよな」
 タ「いやいや、過去のことは水に流して、これから仲良くやっていこうぜ!」
 タ「そういえば、あのNYで流行してるとかいう、ストッパーの部分は?」
 タ「ああ、あれか?今じゃググッと、この胸のあたりに入ってるって寸法だぜ!」
 タ「すげえな!兄貴って呼ばせてくれよ!一生ついていくぜ!」
 タ「おう、俺は成長が早いからな……、振り落とされるなよ?」
 タ「おー!」

 こうして皆で元気よく、タタタタタタタ……と駆けていっタのである。
 あしタに向かってか、夕日に向かってか、作者にはよく分からないが、とにかく駆けていっタ。
 当初 「醜いアヒルの子」風の感動をお届けする予定で書き始めタつもりが、こういう結末になってしまっタ。

 教訓:創作は思い通りにはいかない