「ね」が好きな女の子

 

スポンサーリンク

 

 

 普段からさりげなく、めがねを「ねがね」、歴史を「ねきし」と言っている。
 幼い頃から歴史好きで、なぜかというとひたすら固有名詞が出てくるからである。「とくがわいえやす」と発音しなければならない時には、さりげなく「とくがわいねやす」と言っている。同様に「おだのぶねが」「とよとみひねよし」と読んでいる。「ローマ帝国」は「ローマねいこく」、「香川県」は「かがわねん」と読む。
 誰にも見えない飴玉を、いつまでもしゃぶり続けるように「ね」を深く愛している。
 好きな漢字は「根」。根を張るように、しっかりと力強く生きていきたいです、と学校でスピーチする。
 友達が「バイバーイ」と言っても「バイバーイ」とは返さない。「ね」を入れたいので「じゃあねー」と言って済ませる。
 猫につける名前は「イネ」「タネ」「ヨネ」など、常にお婆さんめいた名前になる。
 休日には、平仮名の「ね」の形をしたクッキーを焼くこともある。作りたくなってくるので自然に作り、そして誰にも渡せないので困る。
 幼稚園のとき「サンタクロース様、どうか『ね』のつくプレゼントを下さい」と心の中でお願いしたのだが、枕元にあったのはお人形だった。それ以来、親にも周囲にも期待をしないで生きるようになった。
 地名で「ね」のつく所に住みたいと願っている。「練馬区」「ネブラスカ州」のように、最初に「ね」がつかなくても、途中に沢山「ね」がついてほしい。たとえば「アネモネ」のように、ねが二回も出てくるような地名はないものか、と悩んでいる。
 ねのつく苗字の人が羨ましく、そうした苗字を自分のものにするために結婚したいと考えている。
「ね」のためなら、いつでもこの命を捧げる覚悟です!と心ひそかに思っているのだが、誰からもそのような要求をされない。今までも、そして今後も。