びっくりガムの効果

 

スポンサーリンク

 

 

妹が、夏休みの最後の日に「びっくりガム」というおかしを発明しました。

「おねえちゃん。これ作ったから、かんでみて」

 もらって食べてみると、ふつうのミントの味がしました。

「あたしも今から、かんでみるからね」

 と妹がいいました。

「どんな色になってるか、見てみてね」

 といって、口をあけるので、のぞきこんでガムを見てみたのです。

 すると、ピストルでバキューンと、うたれたような感じになって、

「うわあああ!」

 と、びっくりして、後ろにふっとんで、しりもちをついてしまいました。

 何もおかしなところのない、ふつうのガムでしたが、見るとびっくりしてしまうのです。

 まだ心ぞうがドキドキしていました。

「あたしが作った、びっくりガムだよ」

 妹が、じまんするように気どって言いました。

「かんでから、それを見せるとあいてがびっくりするんだよ」

 頭にきたので、あたしも口をあけてガムを見せました。

「うわああああ!」

 妹は、大声を出して、うしろにふっとんで、バタッとたおれました。

「ああびっくりした。これほどまでにびっくりするとは……」

 と、自分でもびっくりしていたのがおもしろいので、口をあけないようにして二人でわらいました。

 

 そのとき、げんかんの方でお母さんが帰ってきた音がしたので、二人でそっちにいそいで行きました。

 わざと大きく口をあけて、

「おかえりなさーい」

「おかえりなさーい」

 二人でならんで、そう言いました。

「うわああああああ!!」

 ふっとばされたように、お母さんがしりもちをついてしまいました。

 そのあと、すごいいきおいで強くおこられました。

 前をむいて歩けないほど、反せいして、おちこみましたが、妹はへっちゃらでした。その夜も、いつものように妹はおそい時間まで、かがくの本を読んだり、外国のはかせにメールしたり、いそがしそうなようすでした。

 

 つぎの日、学校に行って、ひさびさに友だちと会いました。

 全校集会の前に、ろう下でガムをかんで歩いている妹のすがたをちらっと見かけたわたしは、いやなよ感を感じました。きのう、あれほどしかられたのに、少しも反せいしてないみたいでした。

 でも、学校にテレビのカメラが来ていて、きょくアナの女の人がいたから、みんながそっちの方に行っていたのでゆだんしていたのです。

 

 人のわの中で、きょくアナの人が、生とのひとりひとりにインタビューしていました。

「今日から二学期だよね?夏休みは楽しかったかな~?」

「はーい」

「二学期からも元気でいこうね!」

「はーい」

 という風に、じゅんばんにテンポよく、きいていっていました。

 そして、二十人くらいしてから、いつのまにか妹がきょくアナの人にマイクをむけられていたのです。

「二学期の目ひょうは、何かな?」

「……」

 きんちょうしていたのか、それともわざとなのか、それはわかりません。

 ただ、妹は何も言わずにじっとしていました。

 きょくアナの人が、また同じことをききました。

「二学期の目ひょうは、な~にっかな?」

「……」

 妹は、じっとカメラを見たまま、動きませんでした。

 まるで、えものをひきつけてからおそいかかって食べる、もうどくのキバをもったへびのように見えました。

 あせった局アナの人は、

「うん、二学期もがんばっていこうね!」

 と、いいかげんな感じで、しめようとしました。

 その時、妹が大きな口をあけて、

「はーい」

 と、口の中のガムをカメラに見せるように大きくひらいて、元気よく返事をしました。

「んわあああああああああ!!」

 カメラさんが大きな声をあげて、うしろにたおれました。

 そして、カメラさんのとらえた映ぞうは、全国中けいでおちゃの間に放送されたのでした。

 後からきいた話では、日本全国かく地で、

「んわああああああああああああ!!」

 という、さけびがまき起こったのだということでした。

 

 そのけっか、大ぜいのおじいさん、おばあさん、びょうきの人びとが天国に行ってしまったそうです。本当に、戦そうのときよりもすごくたくさんの人びとが、いっしゅんにしてあの世にたび立ってしまったそうです。

 そのことについては、わたしからもあやまりたいと思います。本当にごめんなさい。

 

 そして、急げきに国の医りょうひや、介ごひのお金がかからなくなり、いろいろと大はばにさくげんされたことによって、急に日本けいざいがふっ活したといいます。妹の発明したびっくりガムのおかげで、日本けいざいの、いや世界の運命のながれが大きく動いたのだそうです。

 妹はいま、ロンドンのけんきゅう所にいて、けんきゅういんの中でも、かなりすごい方のみぶんになっています。ふだんの生かつは、高そうビルの一ばん高いところですごしているそうです。セキュリティーがすごすぎて、家ぞくでもたまにしか会えないので、たまには会わせてほしいです。