「新・座頭市物語」

「新・座頭市物語」はシリーズ三作目で、観初めてから知ったのだがカラー映画なのであった。

「座頭市物語」「続・座頭市物語」

「映画術 その演出はなぜ心をつかむのか」を読んでいて、どうしても「座頭市」シリーズを観たくなったので、一作目から見ている。

足の裏に棘が刺さった男

普段は何も起こらないのに、年末年始は身体のトラブルに見舞われる。

馬油スキンクリームの謎

冬で、空気が乾燥しているので肌も乾燥する。 そんな話題は他人事とばかり思っていたのだが、自分も次第に肌がカサカサになって、脇腹のあたりが痛いほどになってきた。

大泉洋と松重豊の物まね対決

Youtubeでも、ごく自然に「あなたへのおすすめ」的な映像が出てくる。今回はそのような数々の映像の中から、めちゃくちゃ私に合っていたものをご紹介してみよう。

「あまのじゃく (feat. 関口シンゴ)」ASOBOiSM

ASOBOiSMは女性ラッパーで、以前は銀行に勤めながら音楽活動をしていたらしい。

「Plein De Bisous」Lewis OfMan(feat. Milena Leblanc)

またもや純粋なお勧め曲で、お洒落で文句のつけようがないほど好みで、オシャレ感があって、詳細は不明である。

「Memory Box 」Peter Cat Recording Co.

かなり純粋にお勧めされたのがPeter Cat Recording Co.!! これは私も皆さんにお勧めしたい。

サンタクロースに関する説明とネタバレ

犬の散歩をしていたら、どこかの子供と母親の会話が耳に入った。 「サンタさんに手紙を書かなきゃダメなのよ!何を持ってきていいのか、サンタさんだって分からなくなっちゃうし!」

「Never Have Enough」Los Retros

Los Retrosは2019年に19歳だったという若さの「Mauri Tapiaによるプロジェクト」とのこと。

「Vague」Chance Thrash

Chance Thrashというアメリカのギタリストのインストナンバーが「Vague」である。

「I'm On Fire」Scary Pockets

Scary Pocketsのシングル「I'm On Fire」のジャケットが何と!

「MULTIPLIES」SOLEIL

去年の今から一か月後くらいのタイミングで出ていた、SOLEILによる「MULTIPLIES」。

「ハートは消えない」かねこきわの

さとうもかを推した以上、バランス的にはかねこきわのの名盤「チョコレートムンク」もお勧めしたい。 もちろん、2020年にリリースされた全ての曲のうちでも屈指の名盤……!

「Change This World」Instant Cytron

Instant Cytronの片岡知子さんがお亡くなりになったとのこと。

「アイスのマンボ」さとうもか

さとうもかの「アイスのマンボ」は2020年にリリースされた全ての曲のうちでも屈指の名曲……!!

「Amaneki (Instrumental)」「Karakai (Instrumental)」Sweet William

Sweet Williamと青葉市子がコラボした曲のインストのみ、ヴォーカルなしのもの。 www.youtube.com www.youtube.com やっぱりこの人の作る音楽はいいなあ。 www.youtube.com

全曲、作曲が筒美京平のアルバム

筒美京平の訃報を受けて、あれこれ聴き直している方が多いようだ。私もよく知られている曲からそうでもない曲まで、あれこれ聴き返し、思い返している。

ジャズとようかん

プレゼント用に誰かに何かを贈る際に、そういう事態になってから慌てても遅い。そんな時のために「プレゼントにこれはどうか」という商品やサイトをメモしておく。

きゅうりのキューちゃんと鮭を混ぜた寿司

なぜか実家の母親が定期的に作っていた料理に「きゅうりのキューちゃんと鮭を混ぜた寿司」があった。

「hello world」Louie Zong

今回はLouie Zongという、イラストレーター兼ミュージシャンの曲である。

「The Drip-dry Waltz」ヘンリー・マンシーニ

ヘンリー・マンシーニの映画音楽集を探して聴いていたら「シャレード」のサントラを勧められた。

「Beautyful Beauti」Brainstory

今回、私がSpotifyからご紹介されて、皆様にお勧めしたいのはBrainstory のアルバム「Buck」からの曲で「Beautyful Beauti」。

「Keep kool」Winona Forever

Winona Foreverは純粋に「あなたに勧める」的なリストに入っていた。

「8*30のテーク」Bluenö

忘れかけていたが、このブログには「間奏にヴィブラフォンが入る曲」というカテゴリーもある。

「letting go」potsu

potsuという名を目にした。日本のアニメや漫画っぽいイラストや語感から推測するに日本の田舎の方でコツコツと宅録に励んでいそうな感じである。

「Through the Shades of Paradise」Vira Talisa

Vira Talisaはインドネシアのミュージシャンで、日本のバンド「Lamp」のファンだという。

「Untitled」Kate Bollinger

以前にも少し紹介したKate Bollingerだが「Untitled」という曲もよく聴いているので推薦したい。

「Changing」Ruru

Ruruはフィリピンのマニラ在住のベッドルーム宅録女子とのこと。

「Ylang Ylang」FKJ

FKJとはプロジェクト名で、個人の名前ではなくてFKJ名義で活動している。