「ゼリー寄せ」が好きな人はいるのか

 

スポンサーリンク

 

 

和食のコース料理や旅館の夕食などで「ゼリー寄せ」が出てくることがあるが、あれは一体どこの誰が好んで食べているのだろうか?

と疑問に思ったので、それとなく水を向けるとほぼ全員が、

「あれは何なんだろう?」

「不味い」

「嫌い」

とペラペラ喋りだす。今まで話題にしていなかったのが不思議なほど、評判が悪い。なぜあんなものが堂々と出てくるのだろうか。

 

ひんやり さっぱり ゼリー寄せ: 栄養満点の食べるスープ

ひんやり さっぱり ゼリー寄せ: 栄養満点の食べるスープ

 

 

私はあの、ゼリーはともかく中身がよく分からないところが嫌だ。はっきりしないが豆のような、豆腐っぽいものだとか、野菜とも芋とも言えないような何かだとか、白身魚のような、茹でた豚肉でもあるような、とにかく曖昧で、たとえばぜんまいとか、ウドとか、麩とか、そういったモニョモニョしていて、味も匂いも薄くて淡白で、色は白とか緑とかで、ちょっと赤っぽいようなもので、存在感や自己主張が希薄で……。

 

 

結局、見ていても考えていても分からないし、口に入れても結局のところ分からないし、誰かが正解を教えてくれる訳でもなく、ただ曖昧なものを曖昧なままにして、美味しくもなく、吐き出すほど不味くもないその何かを咀嚼して、それがゼリーと共に咽喉を通り過ぎてゆく……。

食べる前後の過程のすべてが無駄のように思えてならない。

 

京都 吉兆  フルーツゼリー寄せ 3個入り

京都 吉兆  フルーツゼリー寄せ 3個入り

 

 

果物を中心としたゼリー寄せならまだ何とか、単独のデザート的なものとして納得できる。しかし、先日は早い段階でゼリー寄せがいきなり2種類出てきて、ひとつはイチジク中心のもの(これは許せる)、もう一つは何だかわからない系のものであった。わからない系の方を先に食べて、後からフルーツ系へと進めばよかったのだが、先にフルーツ系を食べてしまったので、そこも微妙に怒りのやり場に困るのであった。とにかく、全体的にわかんねえんだよ!!