読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無季自由律俳句 その4

またもや自作の無季自由律俳句がたまってきたので、まとめて解説する。 無意味な暇つぶしを求めている方には、ぜひ「その1」から読むことをお勧めしたい。

無季自由律俳句 その3

コツコツと思いついた時に書いていると、忘れた頃に少し溜まっている。 そしてそれを時々ブログに書く。 そのようなペースで適当に続けていきたい。

無季自由律俳句 その2

やってみると無季自由律の俳句は楽しい。制約が少なくて、いわば「何でもあり」なのでやりやすい。

無季自由律俳句 その1

前々から、機会があれば無季自由律の俳句も詠んでみたいと思っていた。 また「咳をしても一人」などという程度なら、誰でもすぐできるのではないかと内心で少々見くびってもいた。