ゲーム

問答無用で即死させる「ザキ」をマスターした

ドラクエに限らず、この種のゲームでは武器を鍛えたり、自身がレベルアップしたりすると、できることが増えるシステムになっている。

ドラクエの呪文の名前は叫ぶものなのか

以前、ドラクエを漫画化したものを読んでいたら「ギラ」「メラ」といった名前の魔法を使うときに「ギラッ!」「メラッ!」と叫んでいたのでちょっと意外だった。

「高齢者のためのドラクエ入門」の難しさ

DQウォークを始めて以来、一日あたりの平均歩行距離が4.8キロにもなっている。

DQウォークの面子の名前

やっと第三章の最後をクリアできた!

DQウォークの転職その後

今の段階で戦士、武闘家、僧侶は順調にレベル27まで育っている。

DQウォークで転職してみた

「うで試しクエスト」のレベル30推奨コースは、必死の思いでレベル25の時点でクリアできた。

打倒!ホークマン!の巻

第3章の9話(推奨レベル29)にまた挑んでみた。 今の自分のレベルは24である。

DQウォークのモンスターあれこれ

DQウォークをプレイしていると、登場するモンスターが以前のシリーズとつながっているので、どことなく見覚えがある。

DQウォークのうで試しクエスト

DQウォークのうで試しクエストのレベル30に挑戦してみた。

DQウォークの自分の名前

かつて、ドラクエⅠやⅢをプレイしていた頃は、何の疑いもなく自分の本名をひらがなで入力していたものだ。しかし、さすがに今はゲームの世界で自分の名前をストレートに書くのは恥ずかしい。

DQウォークでフレンドが!

DQウォークでは「ギガモンスター」という巨大なモンスターがときどき出現する。

DQウォークのための音楽

DQの戦闘時のBGMは、さすがに何度も同じものを聴いていると飽きてくる。

悲壮感が漂うギガモンスター討伐

このブログを読んでいる人にしてみれば私はDQウォークばかりやっている人、と思われていそうだが、実は資格試験の勉強もしているのである。しかも二つの試験が同じ日にあって、両方とも合格しなければならない。

DQウォークと天気とその他の要素

雨の日にDQウォークのフィールドを見ると、現実と同じように雨模様になっている。

DQウォークにDQ1が!

DQウォークを細く長く、チビチビと楽しみたい。 でも、早く先に進みたい。

DQウォークで写真を撮る

DQウォークでは、モンスターを写真に撮ることもできる。犬の散歩のついでの遊びにはちょうどよい。

DQウォークをした三連休

恥ずかしながら、三連休で17キロほど歩いてしまいました。イングレスの時は拠点が少なかったので「歩きたくない時は歩かない」というサボり癖がつきやすかったのに対して、DQウォークの場合は目的地をうまいこと都合よく配置できる。

DQウォークをする老人

9月12日からDQウォークが配信になって、自分は13日くらいから少しずつプレイしている。

イングレス初心者日記 03

連休中も少しはイングレスをやっていたのだが、いかんせん敵が弱いので、次第にわが緑色チームの拠点が増える一方である。

イングレス初心者日記 02

半月前に初心者日記の01を書いた時はレベル2だった私だが、やっとレベル5にまで達した。

イングレス初心者日記 01

位置情報ゲームの「イングレス」を始めて半月くらいになる。今のところ毎日のようにあちこちへ移動するたびに、行った先でゲーム上の拠点をチェックするのが楽しい。

電子書籍と位置情報ゲーム

電子書籍は読みにくそうなので敬遠していたが、スマホを横にすると文字組みがささっと変わって、まるで新聞のような組み方になることを発見したら、急に読みやすく感じられるようになった。

人工知能によって「100点」と判定された絵

スマホを買ったら、位置情報ゲームをやりたいと前々から考えていたのをすっかり忘れていた。

「Two Dots」がしんどくなってきた

スマホを買って以来、シンプルなゲームばかりを細々とやっていた私ですが、いよいよしんどくなってきました。

「KAMI2」その後

前回は「一日10分」などと、ゲームをやりたい気持ちを抑えましょう的な、大人なんですから他にやることがあるでしょう的な、いわば優等生的な発言をしてしまったが、現実はそう簡単にコントロールできない。

ゲームアプリその後

一筆書きのゲームも「KAMI2」も、広告を5~10秒ほどじっと我慢して眺めていると、消せるようになることがわかったのでプレイしている。

何でも日記:「ポケモンGO」ができなくても「すず探」がある

1.「ポケモンGO」ができない(でも、気になる) 2.そもそもスマホを持っていない(ガラケー愛用者) 3.スマホを買う予定がない この三つに当てはまる人のためのゲームを発見した。 それは……。

何でも日記:自作すごろく用のブログを作った

自作のすごろくゲームのことばかり考えていて、とうとうその話題のみのブログ「すごろくメモ」を作ってしまった。 ちなみにタイトルは「暮らしの手帖」の「エプロンメモ」へのオマージュである。

何でも日記:すごろくのタイトル

すごろく開発に熱中していると、毎日が楽しい。 内容はまだ少し改良の余地があるものの、ほぼ完成の域に達している。 しかし「すごろく全体のタイトルをどうするか?」というのが意外と大きな問題である。

何でも日記:ユーミンすごろく

すごろくについて、あれこれ考えている。 昨日は「ユーミンすごろく」を思いついた。 例えば、あるマスに止まるとこのように書いてある。