読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でも日記:名詞(または、それっぽい単語)+マン

 

スポンサーリンク

 

 

以前、映画館で「アントマン」の予告編を見て、自分も

「名詞(または、それっぽい単語)+マン」

でヒーローを考えてみようと思い立った。

 

 

少し考えただけでも「アンパンマン」とか「旅マン」とか「働きマン」とか、安直な発想で「~マン」を作っているような例を幾つも思い出せるではないか。

ちょっと語感がよくて、親しみやすければ何でも成立しそうである。

 

アンパンマン大図鑑―公式キャラクターブック

アンパンマン大図鑑―公式キャラクターブック

 
旅マン (ビッグコミックス)

旅マン (ビッグコミックス)

 

 

そこで私が考案したのは「朝食マン」である。

仲間として「昼食マン」「夕食マン」もいることにしよう。

いや紅一点ということで、「昼食ウーマン」の方がいいかもしれない。

サブ的な立場で「夜食マン」というのもいて、これはデブキャラである。

さらに子供で「おやつマン」もいた方がいいだろう。ガッチャマンにも子供のメンバーがいた。

 

次に敵を考えてみよう。

朝食マンや昼食ウーマンは、いつも何と戦っているのだろうか?

正義の味方ということで、漠然とした「悪」と戦うのだろうか?

それでは真面目すぎる。

 

「みんな、勉強や運動、家事や仕事に励むために、食事を重視しよう!」

「だから、朝食マンや昼食ウーマンが君たちを応援するぞ!」

これでは説教風で、理屈っぽい。

 

「飢え」や「空腹感」を敵と見なした方がよいのだろうか?

これは妙に深刻すぎていけない。

 

結局、「朝食マン」には敵がいないのだろうか。

 

朝食マンには敵がいませんでした。めでたし、めでたし。

 

一行で終ってしまった。

 


別の記事へジャンプ(ランダム)