コロナ禍の「終息」は× 「収束」が〇

 

スポンサーリンク

 

 

「コロナ禍」を読めないせいで「コロナ鍋(なべ)」と書いてしまう人がいるらしい。

news.nifty.com

 

現在は主に「コロナ禍(か)」「コロナ鍋(なべ)」「コロナ渦(うず)」の3種類が混在しているとされ、「コロナ蝸(かたつむり)」「コロナ堝(るつぼ)」などさらに難しい類似ワードを教えてくれる人も。「コロナ 鍋」で検索すると「鍋みたいな漢字」や「レシピ」が第2検索ワードとして登場し、「調べて書こうとしている人が多くてえらい」というツイートもみられる。

 

そういう人を嗤えないと思うのは、私も「終息」と 「収束」のどちらを使えばいいのか、やや心もとないからである。

調べてみると2003年の新型肺炎が流行した時期に、NHKのサイトで説明されていた。

 

www.nhk.or.jp

 

この記事によると、

 

新型肺炎の「完全制圧」の場合には「終息」

 

(完全制圧ではないにしても)新型肺炎に関する(社会的)状況などがかなり落ち着いてきた場合には「収束」

 

とのことなので、基本的には「収束」で考えておいた方がよいらしい。「終息」はよほどのことがない限り、あり得ない。

 それよりも、

 

本当の医療崩壊はこれからやってくる!

本当の医療崩壊はこれからやってくる!

  • 作者:本田 宏
  • 発売日: 2015/02/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
医療大崩壊  もう、クスリはのめない 医者にはいけない

医療大崩壊 もう、クスリはのめない 医者にはいけない

  • 作者:船瀬 俊介
  • 発売日: 2016/11/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

いま「医療崩壊」と呼ばれている現象が、ウィルスの蔓延でもっと悪化して「医療終息」などと言われ始める可能性の方が高い。

昨日も今日も、現場からは悲痛な報告が流れてくる。

 

note.com

 

anond.hatelabo.jp