「壮烈新選組 幕末の動乱」

 

スポンサーリンク

 

 

本作はいかにも昔の「カラー映画」という色調の時代劇である。

 

www.youtube.com

 

 

片岡千恵蔵扮する新選組鬼隊長・近藤勇を中心に、新選組が幕末の動乱期に活躍する姿と、そこに繰り広げられる多彩な人間模様を描いた本格的時代劇。片岡千恵蔵を始め、大川橋蔵、里見浩太朗、伏見扇太郎などの豪華キャスト陣の迫力の演技が展開する。

 

 

 

 

 

新選組を扱った映画では近藤勇を誰が演じるかが重要なポイントになるのだが、本作は片岡千恵蔵で、とにかく顔が大きい。業務用ポテトチップスの袋をパンパンに膨らましたような大仏的な顔立ちの上、声も振舞いも体つきも重厚で、人間味がある。

新選組と対立する勤皇派の方に大川橋蔵がおり、敵は敵なのだが微妙に近藤と通じ合う所がある。この辺が実に盛り上げポイントになっていて、間に子供の舞妓はんが入る場面など実に感動的。今でいう「胸熱」な展開もあるので、見ていて退屈しない。大川橋蔵というと、自分が子供の頃に銭形平次を演じていた記憶しかないのだが、若い頃は実に正統派の、さわやかで古風な二枚目である。

そしてもちろん、芹沢鴨がメチャクチャなくらい碌でなしなのでその点も花丸をつけてあげたい。「史実と違う」と言って怒り出すタイプの人には向かないが、芹沢の悪さを鑑賞するにはもってこいの作品である。