読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でも日記:初恋の人からの手紙

何でも日記
スポンサーリンク

 

ankoro、元気にしてる?

今でもバタフライナイフを見せびらかしていますか?自慢のナイフを先生に取り上げられていたankoroをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にankoroが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう24年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたらankoroからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。

今考えると、私ってankoroに対してひどいことばかりしたなぁと思います(汗)。

ankoroはいつも私のこと包んでいてくれたのに、私は臆病で心を開けなかったし、「ankoroはどうせ私のカラダ目当てじゃない!」なんて暴言を吐いていましたよね。それは事実としても、もっと他の言い方がなかったものかなぁと反省しています。

私はともかくankoroにとっては初恋の相手が私だったんですよね。そうそう、最初のころのankoroは、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていましたね。家に帰ってからすぐ洗ったけど、ankoroが幸せそうだったからそれでいいんです(笑)。

ankoroは付き合った当初から思いやりに溢れていて、「一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから」と言ってくれましたね。何様かと思いましたが、すごく嬉しくもありました。その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです。

恋愛を総合的に考えれば、私はankoroと付き合えてよかったなぁと思います。当時は少し恥ずかしかったし疲れたけれど、私が男性のように強くなれたのも、ankoroがどこか頼りなかったおかげだと思っています。

いろいろ書きましたが、私はankoroのことがそれでも好きでした。これからもankoroらしくいられるよう、そして当時のように武器屋になる夢をあきらめないで(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. ankoroが誕生日にくれた下着、そろそろ捨てていいですか?

 

 

この手紙は2009年ごろに存在していた「初恋の人からの手紙」というお遊び的なWebサービスで作成された手紙(全文)である。

読んでいて、なぜかRikaco(リカコ)の声で脳内再生されてしまった。

その声に心の耳を傾けているうちに……、

 

www.rikaco.co.jp

 

ありもしない過去が、まるで本当にあったことのように思えてきちまったのさ……。

 

RIKACO’S ALOHA STORY―Hawaii Perfect Guide (光文社女性ブックス VOL. 139)

RIKACO’S ALOHA STORY―Hawaii Perfect Guide (光文社女性ブックス VOL. 139)

 

 

RIKACO’S ALOHA STORY2―Hawaii Perfect Guide (光文社女性ブックス VOL. 152)

RIKACO’S ALOHA STORY2―Hawaii Perfect Guide (光文社女性ブックス VOL. 152)

 

 

頼りなかった俺の目の前で、泣きじゃくってたあの日のお前のこと……、忘れちゃいないぜ!

まあ、俺もあれから年くったし、外見的には何から何まで昔と同じ、って訳にゃいかねえけどな。

お前だって今はRIKACOでも、昔は村上里佳子だったじゃねえか。そうだろ?

 

EARTH ECSTASY―村上里佳子写真集

EARTH ECSTASY―村上里佳子写真集

 

 

もう会うこともねえだろうな。

でも、お前のことは死ぬまで忘れずに胸にしまっておくぜ……。

 

P.S.下着は捨てるくらいなら、こちらに送って下さい(送料当方負担)。

 

 

【追記】このサービスは今でも存在していた。

letter.hanihoh.com

 

別の記事へジャンプ(ランダム)