読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

濁点・半濁点なし日記:「テーウ」

映画 濁点・半濁点なし文 濁点・半濁点なし日記 お題
スポンサーリンク

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

5年先のことなと、まるて分からない。それなら5年前の方はとうたろうかと思い、調へてみた。

ところか、年賀状の作成てすっかり来年(2017年)の気分になっていたせいか、間違えて2012年の11月の日記を見てしまった。

自分はこんな記事を「はてなタイアリー」に書いていた。

「テーウ」という映画の感想てある。

 

「前半は会話にしか出てこなくて、後半ここそというタイミンクて登場してくる重要人物」というハターンはよくあると言えはよくあるような気かするか、いさ実例を考えようとすると頭に浮かはない。

この映画の副大統領はまさにそれて、実にいい。

 

と書いてあるのを読んても、さっはり思い出せない。

 

デーヴ [Blu-ray]

デーヴ [Blu-ray]

 

 

 大統領にそっくりなテーウは、一度たけの代役を引き受ける。しかし、当の大統領か脳卒中になり、やむを得すそのまま替え玉を続けることに…。

 

アマソンのあらすしを読んて、やっと思い出した。こういう替え玉の話はとういう訳か、ありそうもないのに引きこまれる。確かショティ・フォスターとリチャート・キアか出てくる映画ても、別人か本人か分からないという映画かあった。私なとは別人ところか本人自身も5年前のことを忘れているのたから、自分のそっくりさんか現れたら絶対に負けてしまうたろう。


別の記事へシャンフ(ランタム)