読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保険を知るための小さな鍵:大雪と火災保険

以前、「台風と火災保険」という記事を書いたことがある。 hint.hateblo.jp その時に書いた「風災」の部分を「雪害」と書き換えるだけでも通用しそうな内容が今回の記事であるが、もう少し詳しく書く。

保険を知るための小さな鍵:カードの裏側

先日「G2」という雑誌の終刊号を読んで感想を書こうとしたのだが、褒める所がほとんど見当たらないので困ってしまった。最初から最後まで「ここが悪い」「こういう点も駄目」とだけ書くのはしんどい。それに「ほぼ確実に相手からは反論が来ない」と知った…

書くことあり日記:鈴木こあらさんと話をしてきた(保険編)

前回の続き。 鈴木こあらさんとお会いして、半分はブログ関係の雑談をして、残りの半分は保険の話が中心である。その日のことは鈴木さんが、やや私を持ち上げ気味に書いてくれているので、同じようなことを書くと、 単に馴れ合っているだけのようで読む人は…

保険を知るための小さな鍵:自転車保険と個人賠償責任保険

ankoro - 『自転車買ったら保険加入義務 兵庫県、全国初の条例案…』 へのコメント [保険] [世の中] [個人的メモ] 義務化といっても罰則無し、努力目標 2014/10/22 10:24 にブックマーク というニュースを目にした。

保険を知るための小さな鍵:台風と火災保険

大型で強い台風第19号は、14日午前中に関東甲信地方へ最も接近する見込みです。関東甲信地方では、13日夜から14日にかけて大雨や暴風、高波に警戒してください。 と気象庁が呼びかけているほどなので、埼玉に住んでいる私としてはやや心の準備が必要…

保険を知るための小さな鍵:保険用語のややこしさ

保険の世界に出てくる用語は、ややこしい! 難しい! とっつきにくい! わかりにくい! 実は何を言われているのかハッキリしないが、恥ずかしくて聞き返せないのでついつい、うやむやにしてしまう! 何となくだが、丸め込まれて損をしているような気になって…

保険を知るための小さな鍵:入門書のそのまた前

学問でも趣味でも、それなりの歴史や大衆性を持ったジャンルであれば「定番の入門書」や「名著中の名著」があって当たり前ではないだろうか。

保険を知るための小さな鍵:個人賠償責任保険

ブログは常に「面白い・つまらない」という評価に晒され続けていると言っても過言ではないが、一方で「役に立つ・立たない」という評価軸も馬鹿にできない。 役に立つ情報や考え方をコンスタントに提示しているブログは、何も面白いことが書いていなくても大…