文章を書くと喉が痛くなる男

 

スポンサーリンク

 

 

長い文章を丁寧に、気を入れて書くと喉が痛くなる。これは自分だけに起きる特殊な症状なのだろうか。

以前ちょっとピアノの先生に聞いた話によると、クラシックのコンサートで、曲の合間に皆が咳をするのは、無意識のうちに声を出して知っているメロディを歌うように喉を動かしているためだという。それが長時間だと喉が疲れるので咳が出るとのことだった。

この理屈を当てはめて考えると、どうも文章を書きながら声を出さずに音読しているような感じではないかと思う。鉛筆やボールペンで書いても喉に影響は出ないのだが、パソコンで書くとブログでも何でも喉が痛くなる。

ところが「文章を書く 喉が痛くなる」で検索しても何も出てこない。対策を知っている人がいたら教えてほしい。


別の記事へジャンプ(ランダム)