読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観た映画:「酔いどれ天使」「静かなる決闘」

 

スポンサーリンク

 

 

醜聞」がけっこう面白かったので、また黒澤映画の初期作品を観てみることにした。今回は二本分の感想をメモしておく。

 

酔いどれ天使[東宝DVD名作セレクション]

酔いどれ天使[東宝DVD名作セレクション]

 

 

まず「酔いどれ天使」は、黒澤映画における三船敏郎初主演作品とのこと。

その三船が病気で顔がだんだんやつれていって、まるで氷室京介のような容貌になってしまう……。と思いつつ観ていたら、まさに「鏡の中のマリオネット」だと言いたくなるような場面が出てきた。

 

酔いどれ天使 [Blu-ray]

酔いどれ天使 [Blu-ray]

 

 

この映画の終わりの方で千石規子がググッと前に出てきて、長い台詞を喋るのがよかった。飲み屋の親父と夫婦なのかと思ったら違っていた。最後は急に若い娘が再登場して「千石規子の場面は終わりです。ハイさようなら」という冷たい感じで終わる。

タイトルの「酔いどれ天使」とは、酔っ払いの医者・志村喬を指している。

ちなみに日本映画を字幕モードで観たのは初めて。

 

 

静かなる決闘 デジタル・リマスター版 [DVD]

静かなる決闘 デジタル・リマスター版 [DVD]

 

 

「静かなる決闘」では若い医者が三船で、志村喬はその父親の産婦人科医である。三船は病気をうつされて苦しむ役。

そして、またもや千石規子が見習い看護婦で出てくる。ちょっとすねたような、不貞腐れたような子持ちの見習い看護婦だが、根は素直で三船を尊敬している。クライマックスでは三船と長いやり取りがあってよかった。

最後は「酔いどれ天使」とは違って、千石規子のその後にスポットが当たるような感じで終わり、全体にこの人の成長物語という側面もある。

医者ものとして考えると「酔いどれ天使」→「静かなる決闘」→「赤ひげ」という風に並べることができる。破滅する男の系譜としては「酔いどれ天使」→「蜘蛛巣城」という風に見ることもできる。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)