観た映画:「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

 

スポンサーリンク

 

 

熱狂的なSWファンではないのだが、何だかんだ言っても全作に目を通してはいる。

 

hint.hateblo.jp

 

それでたまたま今日は空いていたので、初日に観に行ってきた。

 

Star Wars - The Ultimate Soundtrack Collection

Star Wars - The Ultimate Soundtrack Collection

 

 

ネタバレ的なことはあまり書きたくないので、大雑把に遠まわしに書くと、まず座頭市がカッコいい。

 

matome.naver.jp

 

「私はカッコつけるために出てきました」といったようなキャラクターである(前半も後半も)。「カッコつけない所がカッコいい」という路線なのだが、それでも微妙に決めポーズを見せる。そこがまた控え目なのかそうでないのか分からないがカッコいいのだ。

それからドロイドもいい!

どのドロイドかというと実は一体しか無いのだが、よく喋るので最初は「もしかしてジャージャー某の再来か?」と一瞬思ってしまった。それは杞憂であった。

 

スター・ウォーズ 20インチ フィギュア K―2SOTM 塗装済み可動フィギュア

スター・ウォーズ 20インチ フィギュア K―2SOTM 塗装済み可動フィギュア

 

 

個人的に一番ジーンと来たのは、反乱軍といっても皆が正義、皆が一枚岩という訳ではなく、常に「虐げられている正義」でもないということがはっきりとわかる場面であった。

どうしても汚れ仕事的な任務をせざるを得ないメンバーが一部にはいて、彼らが裏で何をどう解釈して動いているかが明らかになるセリフがいわば戦闘開始のゴングになっており、ここで「立ち上がれ!」「行け!」「やれ!」という気に猛烈になるのであった。

本作はスピンオフという触れ込みで、実際あちこちにそう書いてあるが、本筋に直接つながるような重要事件を描いていて、時間的にもエピソード4の直前になるので、観た感じとしては「エピソード3.9」くらいの印象である。

「これからSWシリーズを観たい」という人にエピソード1を勧める人はいないと思うが、妥当そうな7や4よりも「ローグ・ワン」から4へと進むコースが当分はベストになるではないかと思う。


別の記事へジャンプ(ランダム)