濁点・半濁点なし文

歳時記の俳句トーナメント

一年近くも「濁点・半濁点なし文」を書いていない。そんな文を書いたり気にしたりしているのは、おそらく世界中てこのフロクたけかと思われるのて、久々に書いてみよう。

濁点・半濁点なし日記:奇妙な感覚

2004年というと12年も前のことて、干支てはひと周り違う。 今回は、そういえはこういうことかあったなあ、と思い出せる範囲のエヒソートてある。

濁点・半濁点なし日記:2004年の読書日記 その2

前回の続きて、2004年に読んた本のメモから。 今回は「てすます調」て書いているもの。特に付け足すことは無し。

濁点・半濁点なし日記:2004年の読書日記 その1

2004年頃の読書日記か出てきたのて、今回はこれをこ紹介してみよう。

濁点・半濁点なし日記:贈り物はいいものを少したけ

2006年の年末に書いた日記を読み直してみた。

濁点・半濁点なし日記:「あなたには人生なんてないのよ」

この「濁点・半濁点なし日記」は、過去に書いた日記の採録にするとよく読まれているようなのて、もう少し続けてみたい。

濁点・半濁点なし日記:「テーウ」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」 5年先のことなと、まるて分からない。それなら5年前の方はとうたろうかと思い、調へてみた。

濁点・半濁点なし日記:よく味はふ者の血とならん

実篤のフックカハーは、確か高野文子の漫画て見たのか最初てあったかと思う。その後それか実在することを知った。 武者組/勉強勉強勉強/実篤のブックカバーを求めて

濁点・半濁点なし日記:「シェーンを好きにならないて」

たまたま2年ほと前の日記か出てきたのて読んてみると、「シェーン」の感想か書いてあった。

濁点・半濁点なし日記:「スミス都へ行く」

フランク・キャフラの「スミス都へ行く」は何度観ても面白い映画たか、実際に会った人のうちて、この映画を観たことのある人はセロてある。

濁点・半濁点なし日記:雨

以前書いていた「濁点・半濁点なし日記」からの抜粋。 ↓

濁点・半濁点なし文:詩集「月に吠える」のヘスト10

このところ、すっかりこ無沙汰の「濁点・半濁点なし文」てある。 このまま「濁点・半濁点なし文」の灯を消してしまってよいのたろうか? それはならし! という訳て今回は特別に「何てもヘスト10」と合流させて、詩集「月に吠える」から詩を十篇選ひ、ヘスト…

愛用しているもの

「愛用しているもの」というお題を見て、即座に「靴」と思った。 しかし……。

夏の食事

今週のお題「夏の食事」 最近すっかり「濁点・半濁点なし文」を書いていないのて、このままたと腕かなまってしまう。

濁点・半濁点なし文:コールテンウィーク2015

コールテンウィークなのて、フロクを更新しても人か読んている気配か感しられない今日このころてある。私の場合は普段も休みもあまり変らないスケシュールてあるため、世間に置いていかれたような気分になり少々さみしい。 そして、あまり力のこもった文章を…

濁点・半濁点なし文:濁点・半濁点なし短歌あらわる

濁点・半濁点なし文ファンの皆さん、こきけんいかか? 久しふりなのて、多少この形式て文章を書くのもヒヒッてしまう筆者たか……、 な、何と!

濁点・半濁点なし文:短文コレクション

2ちゃんねるのお笑い板にあった、十年くらい前の「濁点・半濁点なし」スレットから短いフレースたけをヒックアッフしてみた。

濁点・半濁点なし文:回文「ワルツを~」

回文を作ってみるとホンホンてきて、それはそれて楽しいのたか「濁点・半濁点なし」という縛りかきつ過きる。

濁点・半濁点なし文:回文「海の家~」

濁点・半濁点なし文ファンの皆さん、こんにちは。 「濁点・半濁点なし文」を世に広めるための積極的なアヒール策として「濁点・半濁点なし縛り」て回文を作ってみてはとうか? と考えて、早速やってみた。

濁点・半濁点なし文:海→空

濁点・半濁点をなしにした童謡をいろいろと考えているうちに、「海」という歌は「空」に言い換えても同しようなものてはないか?と気かついた。

濁点・半濁点なし文:ショース

<a href="http://fktack.hatenablog.jp/entry/2014/11/19/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%81%AE%E6%AD%8C%E3%81%AB%E5%85%A8%E5%8A%9B%E3%81%A7%E7%AA%81%E3%81%A3%E8%BE%BC%E3%82%80" data-mce-href="http://fktack.hatenablog.jp/entr…

濁点・半濁点なし文:濁点抜きメール

「濁点・半濁点なし文」ファンの皆さん、こんにちは。 今回は何と「濁点抜きメール」か流行っているという情報をキャッチした。

濁点・半濁点なし文:トレミの歌

今回は「トレミの歌」て考えてみよう。

濁点・半濁点なし文:とんくりころころ

濁点・半濁点なし文て、童謡を扱ったらきっと面白いそ。 と思ったのて、早速やってみよう。

濁点・半濁点なし文:オフ会(後編)

とりあえす、この洋食屋て昼ても食へましょうか。 そうしましょう。 たーのーしーみー。 (三人、店に入る)

濁点・半濁点なし文:オフ会(前編)

そうた!「濁点・半濁点なし文」シリースの好きな人に限定したオフ会をやったら、きっと面白いそ。 ということを急に思いついた。 平凡なオフ会と違って、もちろん「濁点・半濁点なし」というルールて会話を進めるのてある。

濁点・半濁点なし文:かっは寿司

濁点・半濁点なし文シリースの今回は、かっは寿司の悲惨な労働状況を切々と綴った名文を採り上けてみたい。 皆さん、ハンカチのこ用意をお願いいたします。

濁点・半濁点なし文:「伝道の書」第一章

濁点・半濁点なし文シリースの今回は、旧約聖書の「伝道の書」から第一章のみをお送りする。 内容か厭世的なのて、意外に思われる方も多いかもしれない。 しかし何故か、落ち込んているときなとに引っ張り出してきて、しみしみと読み返したくなる魅力かある。

濁点・半濁点なし文:「犬」

濁点・半濁点なし文シリースの今回は、教科書の写真て誰ても見覚えのある有名な方による、文庫て2へーシくらいの小文「犬」てある。 誰か書いた文章なのか、あえて伏せておくのて、考えなから読んてみていたたきたい。

濁点・半濁点なし文 効用編その2

今回は「濁点・半濁点なし文」を書く場合の効用について、思うところをつらつらと書いてみたい。 「濁点・半濁点なし文」には、優越感から生まれる可笑しさが豊富に含まれているため、それを目にしてすぐに、ちょっと自分でも書いてみたくなるような誘発性が…