書くことあり日記

書くことあり日記:年賀状雑感、または他山の石

何と、「年賀状は一旦、ポストに出してしまった後でも取り戻せる」と知った。 oshiete.goo.ne.jp

書くことあり日記:新しくブログを作った

来年から「新しいことわざの世界」というブログを書き始める。 proverbs.hateblo.jp これまで回文と俳句を書いていたブログのタイトル部分だけを変えて、書き継いでいこうと思っていたのだが、何回もタイトルを変えると混乱するので新しく作った。 新築の家…

書くことあり日記:リズムとメロディ

以前「赤めだか」について書いた際に談志の、 「いいか、落語を語るのに必要なのはリズムとメロディだ。」 という台詞を引用したが、日常生活の中でもリズムとメロディ的にそっくりだなと思うような現象が時々ある。

書くことあり日記:筆記具によって筆跡が変わってしまう男

筆記具や気分の良し悪しや体調で、自分の筆跡が変わってしまう。 そんな悩みをお持ちの方はいませんか? ちなみに私の場合、小学生の頃からこの件を不思議に思っていた。 そして、大人になってもさほど解決されないまま現在に到っている。

書くことあり日記:500記事達成!

他のブログで「100記事達成!」という報告を見ていたら急に羨ましくなり、自分のブログを見直してみたら「500記事達成!」と言って喜ぶタイミングを逃していた。 数え間違いでなければ、今回は504記事目という中途半端な回になる。

書くことあり日記:めちゃくちゃブックス

時々、自分が店を出すとしたらどういう店にするか、あるいは名前にするかについて考える。

書くことあり日記:法隆寺俳句

以前、上5を「嬉しいな」に変えてしまう「嬉しいな俳句」を考えてみた。 今回は下5を強引に「法隆寺」にする「法隆寺俳句」を鑑賞してみよう。

書くことあり日記:「スター・ウォーズ」の吹き替えを再びあのメンバーで!

12月18日の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」劇場公開を記念して、これまでのシリーズ6作品の地上波放送が決定しました。 というニュースを目にして思い出したのだが、地上波で初めて「スター・ウォーズ」が放送された際(1983年)の吹き替えが凄いメン…

書くことあり日記:ポッポちゃん文体

先日「ズラ語」でブログを書くという記事を読んで、早速やってみたいと考えたものの……。

書くことあり日記:解説を解説して鑑賞する

ルイ・ジョーダンのCDの解説を読んでいたら、唐突に「2倍、2倍!」なるフレーズが出てきて、他人事ながら「今どきコレを書いて意味のわかる人間がいるのだろうか?」と思ってしまった。

書くことあり日記:チーズリゾットの作り方

以前「はてなダイアリー」で書いていた日記の中に「チーズリゾットの作り方」という記事があったのを発見した。 これは最初に大失敗をして、その後に試行錯誤を繰り返しながら作り方を仕上げていった一人の男の記録である。

書くことあり日記:十七人のその後 ~「毎日書く宣言」の追跡調査~

「これからは毎日、ブログを書きます!」 と年初に宣言した、心熱き十七人――。 2015年が残り七週間を切った今、彼らのその後は……?

書くことあり日記:更新ペースダウンのお知らせ

今月は医療保険の新商品が出るので、弊社および関係者は忙しい。 そういう訳でこのブログは当分の間、月・水・金の更新としてペースを下げることにした。 その他のブログも書き続けることができるかどうか分からなくなってきたので、バランスを調整し直して…

書くことあり日記:わざと進めてある時計と「忘れ術」

先日、色白おばけ氏のブログで、わざと時計を進めておくのは効果があるか否かについての話題を読んだ。

書くことあり日記:「ペルソナ3」100の質問

大昔のドラクエを除けば、RPGの類はほとんどクリアできないほど私はゲーム能力に乏しい。 しかし2006年頃に「ペルソナ3」というゲームがあって、それはクリアできた。 当時、このゲームをプレイした人向けの「100の質問」に答えたので、このブログの読者や…

書くことあり日記:「何でもベスト3」の一位候補を募集しています

カーネーションのトリビュート・アルバム「なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?」を聴いていたら「60Wは僕の頭の上で光ってる」だけがやけに良かった。

書くことあり日記:お勧めできない「エア新書」五選

「エア新書」という、遊びで新書のタイトルと表紙を作ることのできるWebサービスで、かなり前に自分が作った新書のリストが出てきたので披露してみたい(「エア新書」そのものは現在も続いているが、以下の新書はすべてリンク切れになっている)。

書くことあり日記:個人史の中の「軽蔑」

軽蔑をめぐる回想記があったら面白いかもしれない。私の場合よく覚えているのは、高校の頃にビートルズを教えてくれたT君がやたらと光GENJIを軽蔑していたことである。

書くことあり日記:ポイントがたまったら何に使うか

先日、鈴木こあらさんのブログで「たまったポイントを使ってスイーツを購入した」という話題があった。

書くことあり日記:夜中にチラシを配っている人が考えていること

仕事の関係でここ数日、駅周辺の店舗にチラシを配っている。 飲食店、美容院、飲み屋、不動産屋、整体・マッサージ、託児所など様々である。 配っているうちに慣れてきて、店の入り口周辺にポストがある場合と、やや奥まった所にある場合と、全く存在しない…

書くことあり日記:自己紹介の練習

ブログの書き出しで、毎度必ず「こんにちは!〇〇です。」とか「いつも×××な〇〇です。」という定型的な文章を書く人がいる。 世の中がこう横並びで没個性になってくると、そのうち「はてなブログを書く人は、全員この手の自己紹介を冒頭に入れること」とい…

書くことあり日記:いつも"さん"がつく人

先日、このブログで、 「池上さんがいつも“さん”づけなのは細野さんに匹敵するな」 書くことあり日記:本もらいました - 何かのヒント と書いたが、「細野さん」「池上さん」以外にもう一人、子供の頃から“さん”づけで呼んでいる有名人を思い出した。

書くことあり日記:にわか村上春樹ファン

今年に限らず、来年か再来年にでも村上春樹がノーベル文学賞を受賞したら、おそらく今までファンだった人たちはますます我が物顔で威張り始めるであろう。一方、アンチ春樹派は「あんなもの、何で売れているのか理解できない」「ノーベル文学賞も地に落ちた…

書くことあり日記:え段

書くことあり日記:鶏皮マヨネーズの軍艦巻

銀行では必ず「オレンジページ」や「すてきな奥さん」の料理欄を読んでいる。他の雑誌があまり面白くないからである。

書くことあり日記:「目立とう精神」ほか

他の人のブログを読んでいると、急に記憶が蘇って昔のあれやこれやを思い出すことがある。自分の場合、細部をすっかり忘れてしまっているケースが多いので、一つのテーマで書くということにはなかなかできない。

書くことあり日記:オイルサーディン+玉ねぎ+キャベツ+醤油

「オイルサーディンの缶詰に玉ねぎを乗せてグリルで焼き、醤油をかける」というレシピを何かで見たら、急に自分でもやりたくなった。

書くことあり日記:かつて飼っていた犬とそっくりな犬

「もし自分に大金があったら、何に使おうかな」という夢想を誰でもする。 私は先日、車を運転している最中に、以前飼っていた犬とそっくりな犬を誰かが散歩させている様子を見かけて「そのワンちゃん可愛いですね。100万円で売ってくれませんか?」と言いた…

書くことあり日記:本もらいました

「マトリョーシカ的日常」というブログがあって、読者が700人近くにも及ぶビッグなブログである。

書くことあり日記:難しいお題

毎日ブログを書いていると、調子のよい時はどのようなお題についてでもある程度の質と量を備えた文章がスイスイ書けるような気になることもある。 その一方で、お題によっては急に何も書けなくなることもある。

書くことあり日記:コンビーフ+玉ねぎ+マヨネーズ

子供の頃、親戚の叔母さんの家に行くとよく出してもらったお手軽料理を思い出したので、作り方を書いておこう。

書くことあり日記:本物至上主義

「クリスチャンでない人は、ゴスペルを聴いたり歌ったりしてはならない」「黒人でないとジャズはわからない」「映画は映画館で、封切り時に観ないとダメ」といった類の本物至上主義的な意見にどう応じるか、という問題はなかなか人それぞれで、色々な立場が…

書くことあり日記:「ゴッドファーザー PART1」の音声解説

普段はDVDに付いている「監督による音声解説」はかったるいので聞かないが、「ゴッドファーザー」のパート1だけは気になるので全部聞いてみた。以下はその中で覚えている内容のメモである。ネタバレ的なことも書いてあるので映画を未見の方は読まない方がいい…

書くことあり日記:宝くじ保険

「保険は本質的に宝くじと同じだ!」という理屈を、なぜかふんぞり返って偉そうに説明する奴が多い。

書くことあり日記:「最も輝いていたスタッフの名前」問題の改善案

先日も経験したことだが、例えば石焼きチャーハンの店に入って、普通に注文すると普通にアンケート用紙もついてきて、そこには質問事項が細かく書いてある。 「本日のお味はいかがでしたか?」とか。 「お店の雰囲気はいかがでしたか?」とか。 「この店に入…

書くことあり日記:「ワイアード」は書店のどこにあるか問題

「ワイアード」は書店の中では雑誌コーナーに置いてある。そこまではある程度の共通の見解として、常識として、判断の結果として理解していただける範囲であろう。 ところが、実際に書店に行ってみると雑誌コーナーの中でどの辺りにあるのか、店によって異な…

書くことあり日記:一人で「ホワイト・アルバム」を作る

このブログは前々から内容も傾向もバラバラで、よく言えば多彩、悪く言えば雑多で未整理で行き当たりばったりになっている。

書くことあり日記:使いこなせていない感

私の場合、様々なウェブ上の無料サービスを「使いこなせていない」という自信に近い自覚がある。 単純化して言うと、

書くことあり日記:国勢調査の案内

国勢調査の案内が自分の所にも来たので、封筒の中身を見てみると織田信成が「ヤッホー!」と山で叫んでいるような写真が出てきた。

書くことあり日記:大雨と傘と車

大雨になると、車から出る時はともかく、スムーズに傘を畳んで入れたためしがないので本当に困る。

書くことあり日記:盗作問題と「竜と詩人」

盗作に関する話題が世の中を騒がせると、その善悪は別にして宮沢賢治の「竜と詩人」という短篇を思い出す。

書くことあり日記:石の主張

皆さん。 古来、我々は決して、紙などに負けてはいないのです。

書くことあり日記:「毎週日曜日に急死するブログ」

「毎週日曜日に急死するブログ」 というタイトルで、内容もその通りのブログがあったらどうか。 ついつい気になって、毎週必ず読んでしまいそうである。

書くことあり日記:人間とは何か

「人間は他人の人柄や性格を鑑賞する動物である」。このように考えると、様々な現象を上手く説明できる。

書くことあり日記:8月31日に作る自由工作

「9月1日は子供の自殺が多い」という話題はなかなか衝撃的だが、自分が子供の頃は二学期になってから「学校に行きたくないから行かない」という発想そのものが無かった。ある意味、牧歌的な時代だったと今ならば言える。

書くことあり日記:長崎ちゃんぽんリンガーハットの「食べるミルクセーキ」

「長崎ちゃんぽんリンガーハット」で「食べるミルクセーキ」というシャーベットとかき氷を混ぜたようなデザートを出している。

書くことあり日記:【一周年記念企画】読書関連の記事のまとめ

読書関連の記事も読み直して、まとめてみた。 しかし「バカバカしい記事」に比べるとずっと少なくて、十二回分だけである。

書くことあり日記:【一周年記念企画】バカバカしい記事オールスターズ

当ブログの一周年を記念して、バカバカしい思いつきや考察、アイディアなどについて書いた記事のみを選んでみた。 読み返してみると、一ヶ月に1~5回ほどのペースで、コンスタントにこの種の記事が書いてある。

書くことあり日記:一周年

この度、誠に勝手ながら2015年8月23日をもちまして当ブログは一周年を迎えてしまいました。 「だから何なんだ…… (*^▽^*) 」 「どうせまた、最終的にはバカな話なんでしょ…… (^◇^) 」 と言われてしまいそうだが、たまにはブログの歴史を振り返ってみたり、今…

書くことあり日記:古いノートに書いてあったメモ

甲:何か物まねはできますか? 乙:(元気よく)こんにちは!さるかに合戦の猿です!