つぎ足しつぎ足しで老舗の味

夕方のニュースの合間によく「知られざる下町の名店をご紹介」といった、半分ノンフィクションというかドキュメンタリー的なレポート、で半分は宣伝みたいなコーナーが入る。

歳時記の俳句トーナメント

一年近くも「濁点・半濁点なし文」を書いていない。そんな文を書いたり気にしたりしているのは、おそらく世界中てこのフロクたけかと思われるのて、久々に書いてみよう。

「March, april, may」のカヴァー

Wouter hamel の「March, april, may」をカヴァーしている人を発見した。 何だか落ち着いていていい感じ。

コカ・コーラ コーヒープラス

いま話題の「コカ・コーラ コーヒープラス」を自販機で見かけたので飲んでみた。 さ~て、お味の方は……?

「I See a Different You」Koop

地味に続けたいが、なかなか進まない「間奏にヴィブラフォンが入る曲」。今回は「Koop Islands」というアルバムから。

「トゥルー・ディテクティブ」8話まで(完)

やっと見終えた!「全8話」というサイズが長すぎず、短すぎずで好ましい。「日米どこでもドラマは全8話で良いのでは?」と提案したくなるくらい自分に合っていた。

中田食品の「梅ぼし 田舎漬」

お弁当というと大抵、梅干しが入っているものだ。

「トゥルー・ディテクティブ」6話

いよいよ第6話で、さらに話が動いた。しかしネタばれ的なことは書きたくないので抽象的に書くと「あの人とあの人がついに……!」という展開である。

「トゥルー・ディテクティブ」5話まで

ドラマ「トゥルー・ディテクティブ」の1stシーズン(全8話)の5話まで見終えたところで、急に面白くなってきた。

はてなブクマに「五七五」の分類が

私はほぼ毎日のペースで変な回文を作っていて、それらの回文がブクマされた時に「テクノロジー」「暮らし」「学び」「エンタメ」などに分類されると少々まずい。だから一つ一つ「おもしろ」「ネタ」という区分に書き換えるのが日課になっている。

「ブギーナイツ」

ポルノ男優になる若者の話で、どうにも長すぎてしんどい。この種の映画はポール・トーマス・アンダーソン以外にもあれこれあるので、上昇の過程が安直な分だけ、下降していく様子もありきたりで平凡にしか見えなかった。

読書の秋

2017年の段階でもまだビデオテープを何十本も持っていて、テレビ番組を録画したきり見ていないものが結構ある。「山田風太郎が見た日本~未公開日記が語る戦後60年~」は2005年に録画したものをやっと見た。

ガッチャマンの替え歌

「ガッチャマン替え歌調査」というまとめ記事を読んでいるうちに、記憶がいろいろと呼びさまされてきた。 http://sledge-hammer-web.my.coocan.jp/gatcha.htm#form

「滑稽と悲惨に満ちた『つ』の遍歴と修行時代」

アルファベットの「J」がひらがなの「つ」になるという話を7月に書いた。 その後、どうなったかというと……。

「ブルース・ブラザース」

かれこれ3回目か4回目か5回目くらいの鑑賞となる本作だが、久々に観てやっと気付いたのは148分もある映画だということである。

ハーシーのチョコレートシロップ

先日、ハーシーのチョコレートシロップ(623g)を貰った。しかしこれまでに買ったことがないので、どう使っていいのかわからない。チョコシロップ初心者である。

「ブレイクアウト・キング」とジミー・スヌーカ

最近「ブレイクアウト・キング」を見続けていて、これが毎日見ても飽きないほど期待を上回る面白さなのであった。

実は○○○だった!

「ほぼ日」の「今日のダーリン(糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの)」を読んでいたら、こんなことが書いてあった。

続々・微妙に思い出せたり出せなかったりする曲

東京MXテレビの天気予報を見ていると、いつも同じBGMなんですよね。

きぐしねいです歌謡祭

Perfumeの「ポリリズム」といえば、泣く子も黙る大ヒット曲である。

続・微妙に思い出せたり出せなかったりする曲

井上陽水の「Tokyo」を聴いていたら、私の「思い出せたり思い出せなかったりする曲センサー」がピクッと反応した。

微妙に思い出せたり出せなかったりする曲

この間、大野雄二トリオのライブに行ったら、一曲目で何となく感じのいい曲をやってくれた。

回文作り

不定期更新ながら、回文を作るブログを復活させた。

タキトゥスの川柳

モンテーニュBotは、今日もまたゆかいな発言をしてくれたのでひとつ紹介してみたい。

BotとBotの会話

ツイッターでフォローしているBot同士の発言が、会話のようになっていることがある。

「血管迷走神経反射性失神」をしてしまった!

このブログもたまには人の興味関心を惹くようにと考えて、今回のようなタイトルにしてみた。

「俺に触るとヤケドするぜ」のルーツは……?

「俺に触るとヤケドするぜ」のルーツはどこなのか?最初に言ったのは誰なのか?実は自分も前々から気になっていた。ヤフー知恵袋では確かな根拠もなく小林旭のマイトガイシリーズを挙げている人がいる。

「映画 立川談志 ディレクターズ・カット」

「映画 立川談志 ディレクターズ・カット」は晩年の「芝浜」のほぼ全体を収録している。

「ディア・ハンター」

この前「挨拶とブログは短い方がよい」と書いた私の場合、映画もできれば二時間半や三時間ではなくて、90分くらいでスパッと終りになる方が好ましい。

みたらし+寒天+きのこの夢

たまにしか夢を見ないので、たまに見る夢のほとんどは意味不明ながら新鮮である。